カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 基礎知識 >
  6. なぜ減塩しなくてはならないの?~高血圧の予防・改善のために~

生活習慣病

なぜ減塩しなくてはならないの?~高血圧の予防・改善のために~


solt002.jpg


高血圧になったら(ならないようにするには)減塩!


この考えはかなり浸透してきましたが、具体的にどのように塩分が高血圧に悪影響を及ぼすかはご存知ですか?
ここではそのメカニズムを簡単にご紹介します。



細胞中ではナトリウムとカリウムのバランスが一定になるように保たれています。
ここで塩分を取り過ぎるとナトリウムが過剰になり、身体はバランスを取り戻そうと働きます。
ミネラルバランスを取り戻すために血液量が増やされ、血管に流されます。
その結果血圧が高くなってしまうのです。


さらに過剰なナトリウムは次のような作用もあります。


・血管壁に入り込んでむくませる

・血管の収縮を活発にさせる

・交感神経を刺激して昇圧ホルモンの分泌を促す



これらも全て血圧を上げてしまう要因となってしまいます。
塩の主成分はナトリウムですから、塩分の過剰摂取は本当に高血圧にとって悪影響を及ぼしてしまうんですね。



いかがだったでしょうか?
これまでなんとなく塩分を減らす方がいいらしい、くらいの理解だった人もメカニズムを知って納得するとより気持ちを入れて減塩に励めますよね。
今日から日常の食事をにより気をつけて、高血圧症の予防&改善に努めましょう!

(Photo by //www.ashinari.com/2009/05/31-021503.php )

著者: 立夏さん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

高血圧にならないためには…肥満予防が第一!ではどうすればいい?

  仕事柄、外食が多かったり、アルコールを飲む機会が多かったりすると、高血...

定番メニューを美味しく減塩して血圧を改善しよう!高血圧の食事療法

  減塩した食事は物足りないと感じることも多いですが、美味しさを損なわない...


血圧を下げる食事の5つのポイント!

塩分摂取量は1日6g未満日本人の多くは、1日に10g~12gの塩分摂取していると...

高血圧対策に「豆乳」を使った飲み物を!血圧を下げるための食事療法

高血圧対策をするには食事療法が欠かせません。ポイントとしては、減塩する、余分な...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る