カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 過敏性腸症候群(IBS) >
  4. 対処法 >
  5. 過敏性腸症候群(IBS)でおならが続くときはどうすればいい?

男性のカラダの悩み

過敏性腸症候群(IBS)でおならが続くときはどうすればいい?

 

過敏性腸症候群(IBS)の症状のひとつがおならです。ガスが溜まっておならが出るという症状で悩んでいる方も多いです。

職場や教室などでおならのせいでからかわれた過敏性腸症候群(IBS)の患者さんは少なくありません。

過敏性腸症候群(IBS)でおならが続くときはどうすればよいのでしょうか?

 

●過敏性腸症候群(IBS)治療にも重要な心理治療

過敏性腸症候群(IBS)は不安からくる病気と言われています。

過敏性腸症候群(IBS)の症状は便通にしてもおならにしてもリラックスしているときにはあまり起こらない症状です。

緊張していたり、『また便通異常になるのでは』『おならがまた出るのでは』という予期不安があるときこそおならが出たり便通異常が起きます。

だからこそ大事なのは予期不安を取り除く工夫を最初からしておくということです。

精神安定剤などでの治療も効果的です。

 

●消臭肌着を身に着ける

おならが出たとしても無臭なら問題はありません。ですので過敏性腸症候群(IBS)でおならが出やすい人は消臭肌着を身に着けるのがおすすめです。

消臭肌着、消臭パンツはおならのにおい成分であるアンモニアを減少させる力にすぐれているのでおならをしてもにおうことは少ないです。

 

●食べ物に気を付ける

おならのにおい対策でもうひとつ重要なのが食べ物の改善です。腸内の善玉菌が多ければおならが出てもあまり匂いません。

善玉菌を増やす乳酸菌を含むヨーグルトなどの摂取がおすすめです。

また、マッシュルームには消臭効果のあるトレハロースが含まれます。

 

過敏性腸症候群(IBS)でおならが出るという方はまず心理不安をなくすのが大切です。

それ以外に出来る工夫としては消臭肌着を身に付けたり食べ物に気を配る方法があります。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2012/11/22/06/49/man-66941_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

過敏性腸症候群(IBS)予防の朝食にはあの食材を取り入れる

  過敏性腸症候群(IBS)は腸の異常ですが、そこに関係しているのがセロトニン...

過敏性腸症候群は自律神経の乱れが原因!

  下痢や便秘、大量のおならなど明らかに大腸機能の異常が見られるというのに...


電車に乗ると過敏性腸症候群(IBS)が…どうしたらいい?

  過敏性腸症候群(IBS)の症状は人の多い場所や近くにトイレがない場所でも起...

過敏性腸症候群(IBS)になってしまった場合、その心理療法と大事なこととは?

  過敏性腸症候群(IBS)を発症してしまった方への治療法として挙げられる...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る