カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 男性のカラダの悩み >
  3. 過敏性腸症候群(IBS) >
  4. 対処法 >
  5. 過敏性腸症候群(IBS)予防の朝食にはあの食材を取り入れる

男性のカラダの悩み

過敏性腸症候群(IBS)予防の朝食にはあの食材を取り入れる

 

過敏性腸症候群(IBS)は腸の異常ですが、そこに関係しているのがセロトニンという物質です。

過敏性腸症候群(IBS)とセロトニンの関係、そして脳内セロトニンを摂る食事についてみていきます。

 

●過敏性腸症候群(IBS)とセロトニン

セロトニンは脳内から出ている安心物質です。セロトニンが出にくいタイプの人は過敏性腸症候群(IBS)の他全般性不安障害や強迫性障害にかかりやすいです。

セロトニンがあるのは脳と腸ですが脳内のセロトニンは多い方がよく、腸内のセロトニンは少ない方がよいです。

すると安心感が生まれ、腸内のセロトニン量の少なさでぜんどう運動も正しく行われます。

 

●腸内のセロトニンを減らす薬剤

腸内のセロトニン量を減らす薬剤が発売されるようになりました。セロトニン3受容体拮抗薬という薬です。

この薬で腸内のセロトニン量をある程度抑制できます。

 

●脳内のセロトニンを増やすトリプトファン

安心物質である脳内のセロトニンは抗ストレスという意味からも多い方がよいです。

セロトニンの元となるトリプトファンを朝食で取り入れるのがおすすめです。

トリプトファンの多い食物にはチーズがあります。50gのチーズに145㎎のトリプトファンが含まれているので朝食には是非チーズを摂取してみてください。

また、陽の光を浴びるのも脳内のセロトニン不足に効くので朝はカーテンを開けて日光を浴びましょう。

 

過敏性腸症候群(IBS)の人にとっては脳内のセロトニンは多く、腸内のセロトニンはある程度抑制されている状態が望ましいです。

腸内のセロトニンは薬剤で抑制可能で、脳内のセロトニンはチーズなどトリプトファンを含む食物で増量可能です。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/02/13/17/44/cheese-81402_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

対処法に関する記事

電車に乗ると過敏性腸症候群(IBS)が…どうしたらいい?

  過敏性腸症候群(IBS)の症状は人の多い場所や近くにトイレがない場所でも起...

生活習慣改善で過敏性腸症候群も解消!

  大腸に何の異常もないのに下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群は、その人の...


過敏性腸症候群における食事療法、運動療法、薬物療法のポイント

過敏性腸症候群は小腸・大腸における異常な機能によって生ずる様々な症状の総称です...

こんな時にどうすればいい?!急な過敏性腸症候群症状の対処法について!

  毎日の通勤・通学や、仕事で重要な会議・学校でのテスト、恋人とのデート・...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る