カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

心不全について

心不全とは・・・

心不全とは心機能が低下して、組織(体内の各臓器)が必要とする血液を全身に送れず、臓器の代謝(活動力)や機能に異常が出てしまう病気です。

 

しかし、心臓は負荷がかかったとしても、持ちこたえる力があります。なので、他の心疾患を発病している人でないと発症率は少ないです。

 

心不全には大きく分けると右心不全と左心不全に分かれます。それぞれ役割が異なるので症状も異なります。

 

心不全の主な症状

<左心不全の場合>

左側は主に呼吸器系とつながっていることから、息切れ、呼吸数が少なくなる、起座呼吸(ベッドから起き上がった状態でないと呼吸がしづらい)、夜に呼吸困難が起こるなどがあげられます。

 

また心拍数が少なくなってしまうことから、動機、血圧低下、冷や汗、手足が冷たく感じる、尿の回数が減るなどが起こります。

 

<右心不全の場合>

右側は主に身体全体に血液を運んでいることから、手足の先のむくみ、急激に体重が増える、頚静脈(首のあたりの脈)が大きく触れるなどの症状があり、合併症として肝腫大、胸水、腹水などがみられます。

 

心不全の治療法

1.心負荷の軽減と心拍出量(心拍数)の維持

2.一般療法では安静、水分、塩分制限、酸素療法

3.薬物療法

・アンジオテシン交換酵素阻害薬(高血圧を防ぐ)

・β遮断薬(不整脈を改善する)

・利尿薬(尿量を増やす)

・心房細動がある場合にはジギタリス

 

患者及び家族が注意する点

・感染症や過度の運動、過労と水分の飲み過ぎは心不全を悪化させる恐れがあります。

・ジギタリスをお使いの方には中毒症状として(吐き気、嘔吐、下痢)などが起こる場合があります。

・安静にするためファーラ位や起座位(下記画像参照)の体制で酸素吸入をして呼吸困難が防げます。

・むくみがあるかないかを確認しつつ体重測定も効果的です。

このようにして合併症を少しでも軽減して、徐々に解放に迎えることオススメします。

(photo=マイデザイン)

著者: 姫苺さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心不全に関する記事

既存の治療薬を20%上回る効果?!心不全治療の期待の新薬『LCZ696』とは

心不全とは、心臓のポンプ機能が弱まることで、うっ血・浮腫・呼吸困難などが生じる...

心不全で水分制限をする理由は?どれくらい水分制限すればいいの?

  心不全とは心臓のポンプ機能が低下した状態で、ほとんどの心臓病は重度になれば...


心不全が起きる原因、その症状… 治療法とは?

心不全とは、心臓の機能が低下する事で起こる全身の不健全状態の事です。心臓の機能...

40代でも突然死も…「虚血性心不全」って?どんな人がなる?前兆は見逃しがち?

2016年4月、芸人の前田健さんが、「虚血性心不全」によって亡くなったという...

カラダノートひろば

心不全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る