カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心房細動 >
  5. 心房細動、脳梗塞を引き起こさないようにする生活習慣を改善しよう

気になる病気・症状

心房細動、脳梗塞を引き起こさないようにする生活習慣を改善しよう

 

心房細動は、胸痛や動悸、めまい、吐き気、脈拍の違和感を感じる病気です。
この心房細動には、心房細動を引き起こす根源がある事を忘れてはなりません。
ほとんどの心房細動には、基礎疾患が大きく関わっているのです。
ですので、基礎疾患を知り、治療をしていく必要があります。


また、この心房細動を起こす事で、引き起こされる重大な病が潜んでいる事も忘れてはなりません。
心房細動は、基礎疾患のサインでもあり、重大な病のサインでもあるのです。
ほとんどの方が、何だかおかしいと感じる程度ですが、何らかの違和感を感じる様です。
心房細動を気付いたのが、健康診断の心電図と言う方も多くいます。
健康診断で心房細動に気付き、基礎疾患も見つかったというケースです。
心臓は生きていく上で、重要な臓器です。
何だか異変があると感じたら、病院を受診する様にしましょう。

 

心房細動と脳梗塞のあまり知られていない関係性


脳梗塞は、一般的によく知られている病気です。
脳に血栓が出来ることで、脳の血流がストップし、酸素や栄養が行き届かなくなります。
そのせいで、脳の中の細胞が壊死し、麻痺や言語障害、記憶障害等を起こすのです。


脳梗塞は、怖いと知られていますが、実は心房細動もとっても怖いんです。

脳梗塞を発症したうちの2割が、心房細動から起因していると言われています。
心房細動では、脈拍回数が通常の倍以上になりますが、体に血液を送る力は極めて弱いのです。

イメージとしては、側溝に砂の混じった水を流します。その水をどんどん流しますが、勢いが弱い為に砂の部分が沈澱し、最終的には溜まり過ぎて水の流れを止めてしまいます。
砂=血液と置き換えると、心房細動が脳梗塞を起こすと言う意味がよく分かりますよね。

 

脳梗塞を引き起こさない様にする習慣


心房細動が起きている事が分かったら、抗血液凝固剤を摂ります。
血液を固まりにくくする薬です。しかしこの薬は厄介で、注意することがあります。
実は納豆やクロレラ、青汁に含まれるビタミンKを多く含む食材は薬の力を弱めるので摂ってはいけないのです。

薬の効果を損なわないよう、食生活には注意してください。

 

タバコや暴飲暴食、塩分や脂肪の多い食品に偏らない様にしなければなりません。
また、可能な限り、適度な運動が必要です。
心房細動を起こした方、生活習慣を見直しましょう。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/11/23-010458.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心房細動に関する記事

心房細動は何故起こる?その治療法とは?

近年の食事が欧米化する事で、血圧や心臓の病気、メタボリック等の生活習慣病になった...

心房細動になったら気をつける5つのこと

心房細動の症状 心房細動とは、心臓を動かす電気信号の異常で脈拍数が100以上に...


不整脈に注意!頻発の期外収縮は心房細動に変わる?

期外収縮や心房細動は不整脈の一つです。不整脈には、病気に由来するものと、そう...

脳梗塞のサイン!心房細動を見逃さないで

  心房細動は、脳梗塞を引き起こす原因の一つとして、近年認識されるようにな...

カラダノートひろば

心房細動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る