カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心房細動 >
  5. 心房細動は何故起こる?その治療法とは?

気になる病気・症状

心房細動は何故起こる?その治療法とは?


近年の食事が欧米化する事で、血圧や心臓の病気、メタボリック等の生活習慣病になった人口が増えてきました。
この様な基礎疾患が心房細動を起こす事もあるのです。また、高齢化によって不整脈を起こす方が増えています。
不整脈の一つ、心房細動は、脳梗塞の約4分の1の原因となります。

 

そもそも心房細動とはどんな症状なんでしょうか?


動悸やめまい、胸のドキドキの違和感を感じる方が多数を占めます。気分が悪くなるという事もあります。
この時点では自分がどんな病気なのか見当もつかないでしょう。
しかし、心電図をとると一目瞭然です。
通常60回ほどの脈拍が100~150回にまで増えます。
『どっくん、どっくん』という脈拍が『とととと・・・』と感じます。
心臓内でポンプを動かす役割の筋肉が興奮状態になっているのです。
回数は通常より多いですが、血液を送り出す力は極めて弱いのです。
その為に心臓で血液が凝固しやすくなります。その血液の塊が脳へ流れ、脳で詰まる事で脳梗塞を引き起こします。

 

心房細動の治療


心房細動を治療するに当たっては、留意しておかなければならない事があります。
まず、心房細動の程度を知る事、そして心房細動の原因を知る事です。
第一に心房細動の程度を知るという事は、薬物療法の参考にもなります。
心房細動は抗不整脈薬を用いて症状を落ちつけます。抗不整脈薬は心房細動の程度によって、薬が分かれています。

簡単に言えば、心臓で興奮した信号を抑えるのです。
しかし、心房細動が起こっていない状態に用いたりすると、体には良くないからです。
慎重に判断をしてもらう為にも、日頃の状況を詳細に記録する事をお勧めします。

第二に心房細動の原因を知る事は、一番重要な事項でもあります。


何故起こっているか?


喫煙・高血圧・肥満・心臓の持病等です。特に生活習慣病は重大です。
近年増えている原因は、食事に大きく関わります。
脂っこい食事や、塩分の多い食事、欧米化の食事によってカロリー摂取が大幅にアップしたのです。
欧米化の食事が必ずしも生活習慣病を引き起こすわけではありませんが、日頃の摂取カロリーを意識して過ごす事が必要です。

 

脳梗塞の20%は、この心房細動から起こるとも言われています。
脳梗塞は、体の麻痺や言語障害、記憶障害等を引き起こすとても怖い病です。
心房細動は、確実に治療をしなければなりません。


まずは生活習慣・病気の治療を重点的に行い、心房細動の薬物療法を併用していく事が一番の治療法です。

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/05/08-019197.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心房細動に関する記事

脳梗塞のサイン!心房細動を見逃さないで

  心房細動は、脳梗塞を引き起こす原因の一つとして、近年認識されるようにな...

心房細動と脳梗塞をつなぐ血栓!なぜ心房細動で血栓が出来やすくなるの?

心房細動とは不整脈の一種で、心筋梗塞のように死亡率の高い心疾患ではありません。...


心房細動、脳梗塞を引き起こさないようにする生活習慣を改善しよう

  心房細動は、胸痛や動悸、めまい、吐き気、脈拍の違和感を感じる病気です。...

高血圧の方が心房細動になりやすい!?そのメカニズムとは?

  心房細動のリスクを高めてしまう要因は主に2つで、加齢と高血圧と言われていま...

カラダノートひろば

心房細動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る