カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心房細動 >
  5. 心房細動になったら気をつける5つのこと

気になる病気・症状

心房細動になったら気をつける5つのこと

心房細動の症状

心房細動とは、心臓を動かす電気信号の異常で脈拍数が100以上になるものです。症状は動悸を感じる方が多いようです。また、まれに胸痛やめまい、吐き気を感じる事があります。

 

心房細動の最も怖い事は、不整脈その物でなく、二次の病気に気をつけなければなりません。特に怖い病気は脳梗塞などの血栓の病気です。心臓が血液を押し出す力が弱まる事で、血液の循環が悪くなります。そのせいで血栓が出来やすくなるのです。

 

そもそもの心房細動を引き起こす基礎疾患には様々あり、心筋症や弁膜症等の心臓の病気や、生活習慣病、甲状腺の病気などです。

 

心房細動になったら気をつける5つのこと

1.基礎疾患の治療に努めましょう

2.心房細動を誘発しやすいカフェインの摂り過ぎには気をつけましょう

3.60歳を過ぎたら、心房細動を起こしやすくなります。年に1回は、心電図検査をしましょう

4.ストレスや過労、睡眠不足には気をつけ、疲労時にはゆっくりとした休息をとりましょう

5.喫煙や過度の飲酒はしない様にしましょう

 

これらが原因で、心房細動を引き起こすわけではありませんが、少しでも心房細動になりにくい身体にする為には大事なことです。特に3ですが、心房細動は人の感じ方によって様々で、心房細動の症状として、現れる人と現れない人がいます。

 

実際には症状がなくても、心電図では心房細動の症状が現れているのです。

その為にはやはり、心電図が必要不可欠です。

 

心房細動が完治した後も再発の恐れがありますので、年に一度の定期検診で心電図を必ず受ける様にしましょう。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心房細動に関する記事

心房細動と脳梗塞をつなぐ血栓!なぜ心房細動で血栓が出来やすくなるの?

心房細動とは不整脈の一種で、心筋梗塞のように死亡率の高い心疾患ではありません。...

不整脈に注意!頻発の期外収縮は心房細動に変わる?

期外収縮や心房細動は不整脈の一つです。不整脈には、病気に由来するものと、そう...


心房細動は何故起こる?その治療法とは?

近年の食事が欧米化する事で、血圧や心臓の病気、メタボリック等の生活習慣病になった...

脳梗塞のサイン!心房細動を見逃さないで

  心房細動は、脳梗塞を引き起こす原因の一つとして、近年認識されるようにな...

カラダノートひろば

心房細動の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る