カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心筋梗塞 >
  5. 急性心筋梗塞を防ぐために気をつけること

気になる病気・症状

急性心筋梗塞を防ぐために気をつけること

突然の胸痛や冷や汗、意識困難などが見られたら、心筋梗塞の可能性がとても高いです。
突然症状が現れ、我慢できない胸痛に襲われる事もあります。急性心筋梗塞です。
実は急性心筋梗塞、とても危ない時期があります。
自分は、高血圧や肥満、糖尿病、喫煙、飲酒、高脂血症などのリスクを複数持っている人は、この時期に気をつけないといけません。

 

では、気をつけない時期はつでしょうか?


それは『冬』です。
ご存知の方も多いかと思いますが、冬は体が体温調節を行う為に、血管を収縮させます。
これは体温低下を防ぐための体の機能の一つです。しかし、この収縮が血流の悪化を招いてしまいます。
高脂血症等で血液がドロドロになると詰まり易くなり、心筋梗塞が起こりやすい状態になっています。
それに加えて、血管が収縮すると更に詰まり易くなり、危険リスクが一気に高まります。

更に血流の流れが悪くなると、心臓は頑張って血液を送り出そうとします。
そうなると、心臓に過度な負担がかかり、血圧が上昇してしまうのです。

 

冬に気をつけること


●風呂場

風呂場は、特に寒い場所です。
しかも、一戸建ての場合は更に寒いと思います。
特に部屋が暖かく、寒いお風呂に行った際、発作を起こす方が多くいらっしゃいます。
そういった時はまず、脱衣所やお風呂を温めるようにしましょう。
お風呂場に暖房がある場合はその機能を使い、ない場合はお風呂の蓋を開けたままお湯を溜めましょう。
すると湯気で浴室内が温まります。


●トイレ

トイレも寒いですね。特に窓があったりすると、冷えます。
トイレに小さな電気ストーブを置くのはどうでしょうか?
電気ストーブは、消費電力が少し高いですが、短時間で暖まるのが特徴です。
短時間の使用ではお勧めです。


●朝、夜中

朝の起床時や夜中のトイレに立ち上がって倒れるケースもあります。
睡眠後突然起き上がると、交感神経が一気に働き始め、血圧が急上昇します。
その状態で、動いたりするととても危険です。
体はゆっくり動かす様に気をつけなければなりません。

 

 

自宅の状態を点検し、寒い箇所を点検してみるといいですね。
どんな場所が危険か?危険な場所に、通信手段があるか?等を点検するようにしましょう。

リスクが高い方は特に通信手段が重要となります。
首から携帯を下げたり、同居家族に知らせるアラーム等を準備しておく事が必要ですね。

 

 

 

 

(Photo by: //kids.wanpug.com/illust77.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心筋梗塞に関する記事

心筋梗塞の入院期間はどれくらいになるの?心筋梗塞で入院してからの流れを知ろう

  心筋梗塞は急激な胸の痛みとともに意識が遠のき、場合によっては死に至る病です...

入浴時はヒートショックを起こしやすい?知っておきたい豆知識

  寒い冬は、寒い脱衣所で衣服を脱ぎ、震えながら浴室へ行くというのが日常茶飯事...


心筋梗塞の痛みはどんな痛み?どこが痛む?知っておくべき心筋梗塞の前兆症状とは?

  胸のあたりが痛いときにはまず疑うのが心臓病です。とはいっても心臓病には狭心...

その症状、もしかして心筋梗塞?チェックシートで早期発見!

  心臓へ血液を送り出す冠動脈が詰まってしまい、心臓の血液が十分に行き届かなく...

カラダノートひろば

心筋梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る