カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心不全 >
  5. 心不全を予防しよう!改善できる生活習慣

気になる病気・症状

心不全を予防しよう!改善できる生活習慣

心臓の機能が低下してしまう事で起こるのが、心不全です。
心臓が血液を十分に送り出せなくなる為に、全身の不調も現れます。
私達の体は血液によって、酸素や栄養等を運んでいる為、血液の循環機能が弱まってしまうと、様々な異変や病気の引き金となってしまうのです。
心不全は、治療ですぐによくなる症状ではありません。
原因となる疾患の治療も必要ですが、日頃の生活習慣が大きく左右するのです。

あなたにもできる生活習慣改善の方法をお教えします。


怖い心臓疾患を防ぐためにも、毎日の習慣にしましょう!

 

1.肥満を防ぎましょう。


肥満は心臓に対して、とても負担をかけてしまいます。
心臓疾患がある場合、激しい運動はできません。食事療法を最優先で行う事をお勧めします。
特に肥満予防には、暴飲暴食の量を減らす事です。
もし、適正量が少ないと感じたら、よく噛んで食べるようにしましょう。
量的に少なくても満腹感があります。

 

2.減塩食にしましょう。


調理方法の工夫が必要です。
高血圧予防の予防には、5~7g/日が良いでしょう。
昆布や鰹節などのだしをしっかりとった食事だと、醤油や塩をあまり使わずに済みます。
又、薬味の活用をお勧めします。
ニンニクやネギ、しょうが、ワサビ等です。

 

3.たんぱく質は植物性食品から。


大豆等の豆製品や魚介類からのたんぱく質摂取を心がけましょう。

 

4.糖分の多い飲料、食事は避けましょう


白砂糖や甘いジュース類、菓子類、アルコール飲料は避けましょう。
又、果物も案外糖分が多く含まれますので、注意が必要です。
 
5.規則正しい生活で過ごしましょう。


寝不足やストレスは血圧にも大きく影響します。
なるべく疲れを持ちこさない様に、ゆとりをもって生活をしましょう。


6.野菜や海藻類、きのこ等は積極的に摂りましょう。

 

心臓の筋肉や血管の緊張を緩める効果があります。

 

7.コーヒーは控えましょう。

 

又、喫煙は絶対止めましょう。

 

 

9.過度の飲酒は、過食につながる事あります。
 
10.水分調節が必要です。


水分を多く摂りすぎないようにしましょう。

 

11.適度な運動をしましょう。


激しい運動は禁止です。日常の軽い散歩等、あまり心拍数の上がらない運動がお勧めです。

 

生活習慣は、心疾患を始め様々な病気へと影響します。

心不全を予防する為にも、予防出来る事はしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: //sozai.cms.am/search/food/vegetable-679.htm)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心不全に関する記事

既存の治療薬を20%上回る効果?!心不全治療の期待の新薬『LCZ696』とは

心不全とは、心臓のポンプ機能が弱まることで、うっ血・浮腫・呼吸困難などが生じる...

急性心不全を起こしたらどうしたらいい? 退院後、気をつけること

心臓の機能が急激に低下すると、全身の血液が滞ってしまいます。その事で、酸素交...


心不全について

心不全とは・・・ 心不全とは心機能が低下して、組織(体内の各臓器)が必要とする血...

体のさまざまな場所に現れる!心不全が疑われる症状を知ろう

  心不全の症状と言えばやはり代表的なのは胸痛です。胸が突然痛みだしたりした場...

カラダノートひろば

心不全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る