カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心不全 >
  5. 急性心不全を起こしたらどうしたらいい? 退院後、気をつけること

気になる病気・症状

急性心不全を起こしたらどうしたらいい? 退院後、気をつけること

心臓の機能が急激に低下すると、全身の血液が滞ってしまいます
その事で、酸素交換が上手くいかず呼吸困難になったり、全身の血液循環が悪くなりチアノーゼ(唇や皮膚等が紫色になる)になったり、血圧低下でショック状態にもなったりします。
この状態を急性心不全と言います。

 

急激に症状が出る為に、一刻を争う重大な病です。

原因は、急性心筋梗塞が多くみられます。他には、心臓弁膜症や拡張型心筋症等です。

急性心不全になると、激しい呼吸困難咳、痰、動悸等の症状が現れます。

痰は泡の様な赤身のかかったピンク色のものが出ることもしばしばあります。
手足の冷えや、冷や汗、頻脈、喘息の様な喘鳴等の全身症状も見られます。

 

急性心不全を起こしたら!?

あおむけで呼吸困難が悪化します。その為、心不全を起こしたら半座位といって、上半身を起こして呼吸を楽にさせます
酸素吸入や利尿剤、血管拡張剤、強心剤を使って緩和させます。利尿剤を使うと呼吸は多少楽になります。

 

また、同時に行うのが、原因となった病気の治療です。
急性心不全の病状が出たら、必ず救急車を呼びましょう。
高齢者、心疾患を持っている方は特に、自力で行く事は避けた方が良いでしょう。急変する事もあります。

 

退院後、気をつけることって?


退院した後も、注意が必要です。
再発防止の為にも、食塩と水分は控える様にしましょう。
又、過剰な飲酒も止めましょう。


処方された薬は、必ず規定通りに服用する必要があります。

急性心不全の原因にもよりますが、再発する恐れがある場合、家の状態を見ておきましょう。
苦しくなった時に、連絡が取れる状態にする、家族へ知らせるアラームを設置する等、の対策を取っておく事をお勧めします。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2008/11/23-010458.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心不全に関する記事

既存の治療薬を20%上回る効果?!心不全治療の期待の新薬『LCZ696』とは

心不全とは、心臓のポンプ機能が弱まることで、うっ血・浮腫・呼吸困難などが生じる...

心不全について

心不全とは・・・ 心不全とは心機能が低下して、組織(体内の各臓器)が必要とする血...


心不全を予防しよう!改善できる生活習慣

心臓の機能が低下してしまう事で起こるのが、心不全です。心臓が血液を十分に送り...

心不全で水分制限をする理由は?どれくらい水分制限すればいいの?

  心不全とは心臓のポンプ機能が低下した状態で、ほとんどの心臓病は重度になれば...

カラダノートひろば

心不全の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る