カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心肥大 >
  5. 心肥大の症状って?どのような治療になるの?

気になる病気・症状

心肥大の症状って?どのような治療になるの?

心臓が膨らんでいる状態の事を心肥大といいます。
原因は高血圧心臓弁膜症によって、心臓に送られてくる血液が多くなってしまい、心臓に血液が溜まってしまう事で、心臓に負担がかかるためです。

 

心肥大の主な症状である心筋虚血ですが、心筋の貧血状態の事を指します。
心臓の血液が増えた状態を心肥大と言いますので、ちょっと疑問に思いますよね?


心肥大になると心筋細胞が大きく変化します。もちろん大きくなった分だけ、必要な血液量も増加します。
しかし、この心筋に血液を送りこむ冠動脈は元のままなので、送りこむ血液量は今までと何ら変わりません。
その為、必要量が増加した心筋は、血液が足りず貧血状態になってしまうのです。
この状態は、心筋梗塞や心不全、不整脈を起こす可能性がありますので注意しなくてはなりません。

 

心肥大の症状は?


心肥大の症状は息切れや疲労感です。症状のみで、発見する事は困難に近いと言われています。
他の心疾患があれば話は別ですが、健康診断などで発見されることが多い様です。
心臓のエコー検査やレントゲン検査では、心肥大を発見する事ができます。
又、心肥大が発見されれば、内科で治療が行われます。

心肥大の治療では、高血圧治療を行なわなければなりません。

 

心肥大の治療

高血圧治療は一般的に、食事による生活改善や薬物療法を併用して治療を行ないます。
生活改善では、減塩食、禁煙、飲酒の減量などを行います。
薬物では降圧剤を用いますが、食事と併用する事で、効果は上がりますので、生活習慣の改善は必ず行いましょう。

心肥大と診断されたら、裏には他の疾患が隠れていないか検査する必要があります。
長年、心臓に負担をかけてしまった結果、心臓が大きくなってしまいます。
その間、症状がなかった場合でも、生命に関わる重大な病が潜んでいる可能性があるからです。
心臓の病には、心筋梗塞等の急死する病気もあります。


定期的に検査を受ける事で、症状が軽くて済む場合もあります。
早期発見する為にも、年に一回は心エコーやレントゲンを撮ることをお勧めします。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/08/29-349542.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心肥大に関する記事

心肥大について

    心肥大について   心肥大(正式:心臓肥大)は心臓本体が大きくな...

心肥大になってしまった。…どんな食事が心臓によいの??

心肥大とは、高血圧などの基そ疾患によって、心臓の血液が多くなり、心臓が肥大し...


スポーツ心臓じゃない?!もしかして疾患による心肥大!?

心肥大とは? 心肥大とは、何らかの疾患により心臓の負担が増加してしまい、心臓が...

心肥大治療~血圧を下げる食事を食べよう!~

心肥大とは、高血圧や心臓弁膜症等によって心臓に送られてくる血液が多くなって肥大...

カラダノートひろば

心肥大の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る