カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心肥大 >
  5. 心肥大になってしまった。…どんな食事が心臓によいの??

気になる病気・症状

心肥大になってしまった。…どんな食事が心臓によいの??

心肥大とは、高血圧などの基そ疾患によって、心臓の血液が多くなり、心臓が肥大してしまうことです。心臓に血液がたまるということは、心臓に負担をかけてしまうことにつながります。この状態だと、心筋梗塞や心不全、不整脈を起こす可能性が高まってしまいます!

 

また、いちど肥大してしまうと、元の状態には戻りません。肥大してしまったら、まずは、基礎疾患の治癒につとめましょう!

 

心肥大を引き起こす基礎疾患のなかでも、高血圧は大きく関わっています。

 

●心肥大になったら、この食材をとろう!

体内のよぶんな塩分を排泄する

・カリウム

スイカやきゅうり等のウリ科の植物や、メロン、バナナ、キウイフルーツにも多く含まれます。

豆類、海藻類も多いようです。

 

血液をサラサラにしたり、血圧を下げる効果のある食品

・カリウム

余分な塩分を排出する働きがあります。自然の降圧剤と呼ばれている程です。

含まれる食材は、ホウレンソウや切干大根、アボガド、海藻類、大豆製品、きのこ類です。

 

なお腎臓病を患っている方は、カリウムを多く摂取できません。主治医に相談しましょう。

 

・マグネシウム

血圧を下げる働きは、カルシウムを吸収し易くする作用からきています。血液中のカルシウム濃度が高いと流れが悪くなり、高血圧になり易くなります。

 

マグネシウムが不足すると高血圧を招く程の、重要な栄養素です。

含まれる食材は、乳製品やイワシ等の魚介類、大豆製品、小松菜、海藻類です。

 

・アリシン

玉ねぎやニンニクに多く含まれている匂いの元の成分です。血液中コレステロールの低下、抹消神経の拡張作用があります。

 

血中のコレステロールを下げるので『血液サラサラ効果』が期待されます。血栓等が出来にくい血液になります。

抗ガン、抗ストレス、抗酸化等の降下も期待されます。

 

・EPA

主に青魚に含まれています。血小板が固まるのを防ぐ働きがあります。悪玉コレステロールを減らす働きがある為、『血液サラサラ効果』が期待されます。

 

高血圧予防もあり、血液が関連する病気全てに良いと言えます。

青魚の鯖や鰯、鯵等に多く含まれます。

 

・酢酸

お酢の成分です。血小板が固まるのを防いだり、血管を拡張させる働きがあります。

 

また、血圧を上昇させるホルモンを抑制します。血圧が高い方は、積極的にお酢等を摂るようにしましょう。

酸っぱいものが苦手な方は、お酢そのものを摂るより、リンゴ酢等の飲みやすくしたドリンクで摂ると良いでしょう。

 

●注意

しかし何より注意しなくてはならないのは、食事のバランスです。上記の物がいいからと言って、その食品だけを偏って食べるのはよくありません。

 

減塩やカロリー制限を行った上で、バランスの良い食事を摂る様にしましょう。その際に、上記の食材を取り入れると良いですね。

 

遺伝的要因と日頃の食習慣が血圧には重要となります。肥大の診断があってからでも遅くありません。

 

日頃の食習慣を見直し、健康な体を手に入れましょう! 

(イラスト by: //sozai.cms.am/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心肥大に関する記事

スポーツ心臓じゃない?!もしかして疾患による心肥大!?

心肥大とは? 心肥大とは、何らかの疾患により心臓の負担が増加してしまい、心臓が...

心肥大の症状って?どのような治療になるの?

心臓が膨らんでいる状態の事を心肥大といいます。原因は高血圧や心臓弁膜症等によ...


心肥大について

    心肥大について   心肥大(正式:心臓肥大)は心臓本体が大きくな...

高血圧の方は要注意!心肥大の原因は高血圧

  心肥大とは、心臓にある負担がかかってしまい、その負担に対応する為にたくさん...

カラダノートひろば

心肥大の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る