カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心肥大 >
  5. 高血圧の方は要注意!心肥大の原因は高血圧

気になる病気・症状

高血圧の方は要注意!心肥大の原因は高血圧

 

心肥大とは、心臓にある負担がかかってしまい、その負担に対応する為にたくさんの血液を送ろうと心臓が頑張ってしまいます。その頑張りが、心筋を大きくしてしまいます

心筋が大きくなる事で、心筋の必要血液量がとても増えます。

しかし、冠動脈から送られてい来る血液の量は変わらない為、心筋が虚血状態(貧血)になってしまいます。


心肥大は息切れや全身疲労の症状が現れます。そして、この肥大した心臓は元に戻りません

原因として考えられるのは『高血圧』です。


長年高血圧の基礎疾患を持っている方は、要注意です。
高血圧は心肥大のみならず、様々な病気の引き金ともなってしまいます。

 

では、心肥大に何故高血圧が影響するのでしょうか?

 

血圧とは、血管にかかる圧力の事を言います。その圧力が高ければ高い程、心臓の負担が大きいのです。
この心臓の負担が、心臓の肥大を引き起こしてしまいます。

心肥大は心不全や心筋梗塞を招く事があり、命を落とす危険性のある病気です。
その原因の一つである、高血圧を必ず治療する様にしましょう。

 

高血圧を少しでも下げる為に!


高血圧は遺伝性のものであったり、一概には言えませんが、一般的には生活習慣が大きく関わっています。
高血圧の方は下記の事項を注意する様にしましょう。


1.減塩食で一日の摂取する塩分量を5~6グラムに減らしましょう。
2.軽い運動を習慣化し、肥満にならない様にしまよう。
3.コレステロールや糖分の多い食事は、極力量を減らす様にしましょう。
4.病院で検査をし、降圧剤等の薬をもらいましょう。又、薬は飲み続ける事が大事です。
5.喫煙歴がある方は、禁煙しましょう。
6.アルコールの過剰摂取は、控えましょう。

 

例えば1の減塩食ですが、外食の多い方は要注意です。外食では塩分含有量が記載されていない為です。
例えば、うどん一杯に含まれる塩分は、約5グラムで、一日の摂取可能塩分量を一回の食事で摂ってしまいます。
つまり、外食では塩分のコントロールが出来ないので、減塩食を維持する事は難しいのです。

まずは、食事を重点的に考える様にしましょう。
塩分を減らす為には、薬味を多く使用するなど、工夫が必要です。

心肥大や他の病気を防ぐ為にも、高血圧を治しましょう。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/11/02-341666.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心肥大に関する記事

心肥大の症状って?どのような治療になるの?

心臓が膨らんでいる状態の事を心肥大といいます。原因は高血圧や心臓弁膜症等によ...

スポーツ心臓じゃない?!もしかして疾患による心肥大!?

心肥大とは? 心肥大とは、何らかの疾患により心臓の負担が増加してしまい、心臓が...


心肥大治療~血圧を下げる食事を食べよう!~

心肥大とは、高血圧や心臓弁膜症等によって心臓に送られてくる血液が多くなって肥大...

心肥大になってしまった。…どんな食事が心臓によいの??

心肥大とは、高血圧などの基そ疾患によって、心臓の血液が多くなり、心臓が肥大し...

カラダノートひろば

心肥大の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る