カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 低温やけど(熱傷) >
  5. 本当はこわ~い低温やけどの症状について

気になる病気・症状

本当はこわ~い低温やけどの症状について

今はすっかり有名になった低温やけどですが、実は高温のものを触った時のやけどよりも、ずっと症状が重くなりやすいことをご存知ですか?

ひどい場合には皮膚が壊死してしまい、長期入院、最悪植皮なんて事態になってしまうことも…!

あなたのやけどの症状がどの位なのか、しっかりとチェックしておきましょう。

 

目で見てわかる、やけどの症状

低温やけども、基本的な症状は他のやけどと同じです。

 

皮膚のどの部分までダメージを受けたかによって一度、二度、三度の三段階に分けられます。

・軽い赤みやひりつきが出る。

一度に分類されるやけどで、症状としては最も軽いものです。

皮膚の表面部分までで、熱によるダメージを食い止めることができています。

ですが自覚症状のある低温やけどの場合、より重度のやけどであることが非常に多いため要注意です。

 

・強い痛みがあり、水ぶくれができた。

二度に分類されるやけどで、皮膚の奥までダメージを受けています。

水ぶくれ(水泡)ができるのが特徴で、この場合は完治するまで早くても二週間かかるといわれます。

 

二度のやけどの場合、その症状の重さによりさらに二つに細分化されています。

【浅層熱傷(せんそうねっしょう)】

比較的軽度のもので、1~2週間で治ります。痕は残らないことがほとんどです。

 

【深層熱傷(しんそうねっしょう)】

二度のやけどのなかでも重度のもので、皮膚の表面・その奥にある真皮といわれる層が全て熱で破壊された状態です。痛みはむしろ軽く、皮膚が白く変色したり、一部壊死することがあります。

治療には3~4週間かかりますし、痕が残ってしまうことが多いです。

 

・皮膚が白から灰色に変色している

痛みはほとんどない。三度に分類されるやけどで、皮膚組織が全てダメージを受け壊死してしまっています。

やけどのなかでは、最も症状が重く、治療にも時間がかかります。

自然治癒で皮膚を再生させることが難しく、特に範囲が広い場合には、植皮する必要が出てくることも。残念ですが、ここまで重症のやけどになると、痕を残さずに治すことは難しいでしょう。

 

なぜ低温でのやけどが酷くなりやすいの?

高温のものに触れてのやけどは、一瞬で症状が現れてしまう代わりに、すぐにやけどした!と分かるので、比較的軽症で済む方が多いもの。

ところが低温やけどの場合、すぐには症状が現れません。

5時間から10時間かけて、ゆっくりと熱によって皮膚が壊されていきます。自分で分かるほどに症状が進んでいるときには、二度、三度といった重度のやけどになってしまっていることも少なくありません。

その上、高温やけどと違い、見た目よりも症状が進行している確立が高いのも低温やけどの怖いところです。

 

ただの赤みやひりつきだから大丈夫、と思ってはいけません。5分冷やしても症状が消えない低温やけどは、出来る限り早く皮膚科で処置を受けましょう。

(Photo by://www.igosso.net/

著者: 富樫のぞみさん

本記事は、2016-08-22掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけど(熱傷)に関する記事

じつは怖い?~注意したい低温やけど~

  朝起きたら足に見慣れないアザと痛みが…。実はそれ、低温やけどかもしれま...

こんなことでもなるの?低温やけどの原因

  低温やけどは冬の寒い時期に湯たんぽやホットカーペットなどの暖房器具によ...


低温やけどの応急処置の注意点

    低温やけどでは、快適だと思える程度の暖かさであっても、その熱を発している...

冬だけじゃない!身近な低温やけどの危険について

  スマートフォンを充電しながらおしゃべりしているうちに、ついウトウト…。...

カラダノートひろば

低温やけど(熱傷)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る