カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 皮膚 >
  4. 低温やけど(熱傷) >
  5. ポカポカ温度でも要注意!見逃しやすい低温やけどについて

気になる病気・症状

ポカポカ温度でも要注意!見逃しやすい低温やけどについて

 

カイロや湯たんぽ、スイッチを入れるだけですぐ温まる電熱式のブランケット…。
手ごろなサイズで、すぐに使えるこうした保温器具は、冬はもちろん、エアコンによる冷えが厳しい夏でも手放せないという方もいらっしゃると思います。

ですが、いくら気持ちよくても、肌に直接当てるのは禁物。
ただ触っただけでは問題なくても、何時間も皮膚に押し当てればやけどしてしまうんです。


◆ポカポカ温度でもやけどする!

私たちの肌はとっても熱に弱いもの。
本来だったら体温よりも少し高い、40度前後までしか耐えることができないんです。

ですが40度前後というと、私たちにとってはちょうど「ぽかぽかとして気持ちいい」温度。
お風呂のお湯や、ホットカーペットの設定温度など、多くの暖房器具はほとんどがこの温度に設定されています。

・なぜ少しくらい熱いものに触れても、やけどを起こさないのかというと、熱から皮膚を守る仕組みがきちんと出来上がっているから。
皮膚表面は堅い角質の層で覆われており、これがバリアーの役目を果たしています。
さらに、私たちの体内を流れる血液が、熱が一箇所にこもるのを防いでくれているのです。

・ですが、皮膚の防御機能にも限界があります!
短い時間であれば特別影響がない温度であっても、数時間に渡って一箇所に熱を加えつづければ、少しずつダメージが蓄積されてしまうことに。
こうして40度から50度程度の低い温度で起きるやけどが、低温やけどです。


◆気づきにくい、50度未満のやけどに要注意!


肌に触れる温度と時間により、やけどの症状が起きるまでの時間は異なります。
平成25年の消費者庁の発表によると、
・44度では6~10時間程度
・50度では3分
・60度では5秒程度
それぞれ肌に接触しているとやけどの症状が現れるといわれています。

・特に睡眠中は動きも少なくなりがち!
そのうえ体の重みで血流が妨げられ、熱の拡散もうまくいかなくなることが多いため、起きている時よりも低温やけどを起こしやすいのです。

また起きている時でも、靴下に張るタイプのカイロや、湯たんぽ、さらには岩盤浴で寝込んでしまっての低温やけどなども多く報告されています。

・要注意なのが、40度から50度程度でのやけど
長時間に渡って症状が進行していくため、多少赤くなっている程度に見えても、実は皮膚組織が壊死していた、なんてことも!
赤みや腫れ、水ぶくれなどの症状があれば、すぐに皮膚科を受診しましょう。


低温やけどは、ちょっとした注意で防ぐことができるもの。
日ごろから体に暖房器具を直接あてない、眠る前には必ずタイマーを設定する習慣をつけておきましょうね。


Photo by:iandethさま///www.igosso.net/flk/1775160748.html

著者: 富樫のぞみさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

低温やけど(熱傷)に関する記事

低温やけどを防ぐ方法とは?

    冬を迎え寒さが厳しくなればなるほど、湯たんぽやホットカーペットな...

今の時期が一番危険?低温やけどを防ぐには

  火傷は熱傷ともいい、お湯や油など様々な原因で生じる体表組織の局所的損傷...


低温やけどの危険性は、どんなところに潜んでいるの?

  低温やけどの原因となるのは、身近な「あったかグッズ」。正しく使えば暖か...

低温やけどから生ずる危険な症状

  低温やけどになってしまって最も気をつけなければならないのは、皮膚の表面...

カラダノートひろば

低温やけど(熱傷)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る