カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. 注意点 >
  6. 頑張り過ぎないで!~介護する家族の「燃え尽き症候群」対策編

介護・認知症

頑張り過ぎないで!~介護する家族の「燃え尽き症候群」対策編

 

高齢者を介護する家族に心配される、「燃え尽き症候群」。予防するためには、どんな対策があるのかをまとめました。

燃え尽き症候群になると、介護の質が落ちたり、介護そのものができなくなってしまいます。介護する方もされる方も楽になる、「頑張り過ぎない頑張り方」を紹介します。

 

 

積極的に介護サービスを利用する

心身の負担を軽減しましょう。「ウチのおじいさんは、私のご飯しか食べない」「私がいないと機嫌が悪くなる」と心配する人もいますが、すんなり介護サービスになじむ高齢者を見て驚く…といったケースも少なくありません。

「私がやらなくては」という気持ちがあっても、訪問介護やデイサービスの利用を考えてください。

高齢者本人にとっても、世界が広がる良い機会になるかもしれません。

 

 

「辛い」気持ちを聞いてもらう

身近な家族、親せきに「介護がとても大変だ」と訴える、聞いてもらうことは大切です。

もしかしたら、頑張る介護者を見て、周りの人はそこまで追い詰められていることに気づいていないかもしれません。

残念ながら身近に話を聞いてくれる人がいないなら、高齢者を介護する「家族の会」のような集まりに顔を出してはどうでしょうか。

同じ環境に身を置く人同士、共感できることも大きいでしょう。

 

体力温存

体が辛くなると、心も辛くなります。

介護サービスを利用するのはもちろん、無料の介護講座などで足腰に負担のかからない介護方法を学ぶのもお勧めです。

睡眠不足は心身の不調に直結するため、夜間の訪問介護を利用したり、空き時間に横になるなどして休んでください。

 

細く長く続くのが介護生活です。「手抜き」ではなく「息抜き」をしているのだと思って、気分転換と負担軽減に努め、自分をいたわってください。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/06/27-338235.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

頑張り過ぎないで!~介護する家族の「燃え尽き症候群」前兆編

  「燃え尽き症候群」という言葉を知っていますか? これは、あることに対...

高齢者の爪切り コツと注意点

高齢者の皮膚は乾燥しやすく、痒みも伴います。無意識に皮膚をかいている高齢者も...


熱いお風呂が好きな高齢者には注意!冬のお風呂は温度のOK・NG!熱いお風呂に潜む、命の危険性…

  きちんと湯船につかることは、健康のためには大切にしたい習慣と言えます。ですが...

こんな行動があったら配慮が必要~高齢者のトイレ問題

  高齢者が在宅で暮らし続けるため、1つのポイントになるのが排泄です。排せ...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る