カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. その他 >
  6. 介護者の腰の負担を軽減しよう!介護する家族を腰痛から守ろう

介護・認知症

介護者の腰の負担を軽減しよう!介護する家族を腰痛から守ろう

 

高齢者の介護をする家族にとって、腰痛は悩みのタネです。

痛みを我慢して介護を続け、自分の方が起き上がれなくなってしまう…という話も聞きます。

腰の負担を軽減する介助方法、対策を紹介します。

 

 

腰に負担がかかる動作

高齢者の介助には大きな力が必要で、介護側が中途半端な体勢になるため、腰に負荷がかかります。具体的には、以下の動作が危険です。

・ベッドから車いすへの移動

・オムツ交換や着替えのため、高齢者の下半身を持ち上げる

・トイレと車椅子間の移動、排せつ後にズボンを上げる

・入浴介助(浴槽への出入り、体を洗う)

介護者が中腰になり、高齢者を引っ張り上げる動作は要注意です。

 

 

道具・設備・高齢者自身の力を活用する

腰痛を防止するためには、ベッドから起き上がるためのリフト、階段昇降機を利用する方法もあります。そこまで大がかりでなくても、ベッドのつかまりやすい位置にをつける、浴室やトイレ、玄関に手すりをつければ、高齢者が自分の力で動く助けになります。

少しでも高齢者自身に体勢を維持してもらえれば、介護側の負担も軽くなります。

手すりの設置など住宅改修にも介護保険を利用できます。

歩行器、着脱しやすい衣服、前開き式の下着など、福祉用品を取り入れるだけで楽になる動作もあります。

 

 

外部の力を借りる

腰に負担がかかる回数を減らすのも大切です。

訪問介護やデイサービス、ショートサービスを利用して、腰を休めましょう。

地域の介護講座、介護する家族の集まりでは、介助のコツを教えてくれるところもあります。

 

介護は毎日のことで、長期間続きます。腰をいたわり、介護者の健康を守ることが、良い介護の基本です。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/31-375841.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

高齢者のトイレをサポート~腰掛便座の選び方

  高齢者の排泄をサポートする腰掛便座を選ぶ際には、自宅のトイレの形状・広...

高齢者の排泄トラブルの原因は?

  高齢者と介護する家族を悩ませる排せつの失敗は、なぜ起こるのでしょうか?...


福祉用具も介護保険で賢く購入!~基礎知識編

  高齢者の在宅生活をサポートする福祉用具は、介護保険によるレンタルのほか...

居宅介護でのポータブルトイレの使い方とちょっとしたコツ

  高齢者の自立した排泄を助けるポータブルトイレの使い方には、コツがいくつ...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る