カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 基礎知識 >
  4. 介護保険 >
  5. 知っておきたい、介護保険の基礎知識~第1号・第2号被保険者とは?

介護・認知症

知っておきたい、介護保険の基礎知識~第1号・第2号被保険者とは?

 

知っているようで知らない介護保険。ここでは、どんな人が介護保険の対象になるかをまとめました。介護保険の仕組みを知り、いざという時に備えましょう。

 

40歳で加入

誰でも、40歳で自動的に介護保険に加入します。特別な手続きや届け出は必要ありません。

40歳以上で介護保険の被保険者になりますが、年齢で次の2種類に分類されます。

・第1号被保険者:65歳以上の人

・第2号被保険者:40~64歳で、健康保険加入者

どちらの被保険者も、介護保険料を毎月徴収されます。しかし、介護サービスを利用できる要件が異なります。

 

 

第1号被保険者

65歳以上の第1号被保険者は、健康保険証のように介護保険証が郵送で届きます。要介護認定を受ければ、介護サービスを利用できます。

特別な疾患・障がいが無くても、支援が必要だと認められれば、誰でもサービスを受けられます。

 

 

第2号被保険者

40~64歳の第2号被保険者も介護サービスを受けられますが、老化が原因の病気で介護が必要になった場合に限られます。

該当するのは、以下の病気です。

・末期がん

・脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)

・パーキンソン病関連疾患

・筋萎縮性側索硬化症(ALS)

・糖尿病性神賞・網膜症・神経障害

・脊椎小脳変性症

・多系統委縮症(シャイ・ドーレガー症候群)

・閉塞性動脈硬化症

・慢性関節リウマチ

・脊柱管狭窄症

・後縦じん帯骨化症

・骨粗鬆症による骨折

・早老症(ウェルナー症候群)

・初老期認知症(アルツハイマー、ピック病、脳血管性認知症、クロイツフェルト・ヤコブ病など)

・慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、気管支ぜんそく、慢性気管支炎、びまん性汎細気管支炎)

 

これらの病気が原因で要介護認定を受けると介護保険証が届き、サービスを受けられます。

 

 

加入と介護保険料の徴収は自動的に行われますが、サービスの利用は年齢によって要件が違う点に注意が必要です。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/02/22-014385.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護保険に関する記事

知って得する!介護保険でこんなことも?住宅改修~基礎知識編

  介護保険のサービス内容は、訪問介護や施設の利用だけだと思っていませんか...

介護保険のサービスを利用するための大事なポイント~申請と認定調査

  誰でも40歳になれば自動的に加入する介護保険ですが、サービスを受けるた...


要介護認定の目安を知ろう!

  8段階に区分されている要介護認定は、認定結果によって受けられるサービス...

増税後の介護保険利用自己負担額アップでどんな影響が出ているの?

  消費税増税は医療に関する自己負担額アップにもつながります。 診療報酬の改...

カラダノートひろば

介護保険の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る