カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 関節疾患 >
  4. 後遺症 >
  5. 高齢者の足元を支える~杖の種類と選び方

介護・認知症

高齢者の足元を支える~杖の種類と選び方

 

骨折や関節疾患の後遺症などで歩行に不安を抱えた高齢者にとって、最も身近で心強い味方がです。杖の種類、・活用法・選び方をまとめました。

 

 

杖の役割

筋力や運動能力全般の低下によって、体のバランスが悪くなった高齢者の歩行・立位を支えます。

歩くときにかかる負荷を分散する効果もあります。歩行時だけではなく、立ち止まった時に体重をかけて休むこともできます。

高齢者が安心感をもつ、心理的効果も大きいでしょう。

 

 

杖の種類

・一本杖(ステッキ)

持ち手がT字・L字のものが多く、軽くて扱いやすい、最もポピュラーな杖です。

折りたたみ式・伸縮式の杖もあり、持ち歩きに便利です。地面に接するのが1点だけなので、滑らないよう注意が必要です。

 

・多点杖

杖の先が3点や4点に分かれています。一点杖よりも安定するので、関節疾患や脳血管障害による片マヒなど、後遺症に悩まされている高齢者にお勧めです。

段差や凹凸のある地面では、逆に不安定になるのが欠点です。主に屋内で使用するための杖です。

 

・ロフストラングドクラッチ

上腕までの長さの杖で、腕輪に腕を通してから持ち手を握ります。体をしっかり支えることができ、体重を杖にのせながら歩く人に向いています。

 

・松葉杖

片足だけで体重を支えられない人向きです。杖自体が大きく、歩行に腕の力が必要なので、力が無い高齢者、小柄な人には扱いづらいでしょう。

 

 

杖の選び方と購入

それぞれの杖には、身長に対して適した長さがあります。福祉用具店で計測してもらい、ちょうど良い長さの杖を選びましょう。

屋内で使う杖なら靴を脱いで、屋外用なら靴を履いて計測してください。

杖は、レンタルと購入のどちらも可能です。どちらも介護保険を利用すれば1割の負担で済みます。ただ、一点杖だけは福祉用具ではなく日用品の扱いなので、全額負担です。

 

身体機能とサイズを考慮して選んだ杖は、高齢者の活動的な生活を足元から支えてくれるでしょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/10/08-351183.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

後遺症に関する記事

積極的に歩こう~高齢者の歩行をサポートする用具

  年をとると、筋力の低下などから歩行が不安定になります。関節疾患や、骨折...

関節疾患の後遺症で高齢者が難しくなる日常動作~下半身編

  高齢者の関節疾患は、治療後も痛みや動きの制限などの後遺症が残りやすいの...


高齢者の寝たきりにつながる関節疾患の後遺症とは

  関節疾患は、骨折と合わせて高齢者が寝たきりになる要因の第2位です。 ...

カラダノートひろば

後遺症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る