カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. ピロリ菌 >
  5. 胃のピロリ菌は放置するとポリープなど様々な病気の引き金になるってホント?!

気になる病気・症状

胃のピロリ菌は放置するとポリープなど様々な病気の引き金になるってホント?!

ポリープができる原因…

日本人に多いポリープ、そのほとんどは過形性ポリープです。

過形性ポリープとは、粘膜の細胞が増えることで出来たポリープのことです。

 

粘膜の細胞が増える理由は主に、粘膜が傷つけられることで起こると言われています。つまり、粘膜を修復しようと頑張る細胞が、細胞を過剰生産するという事です。

 

粘膜が傷つけられる原因は、刺激物の摂取や慢性胃炎等が考えられます。

この過形性ポリープは、悪性ではないため治療を行う事はほとんどありません。しかし、このポリープが除去できる方法があるのです。

 

実はピロリ菌の除去の際、ポリープもなくなるんです。

では、ピロリ菌の事を少し説明します。

 

ピロリ菌は胃にいる!?

ピロリ菌とは、胃の中で悪さをする細菌の一種です。

胃の中はとても強い酸性の胃酸が分泌されています。そんな強い胃酸で胃の壁を壊してしまわないよう、胃酸から胃を守る表層粘膜という粘膜があります。その中で活動しているのがピロリ菌です。

 

胃酸による攻撃にあわずとも生きることができるのは、表層粘膜に守られているからです。

 

怖い!ピロリ菌

このピロリ菌ですが、胃にとっては重大な細菌なのです。

ピロリ菌の正式名称は、ヘリコバクター・ピロリと言います。ピロリ菌は胃粘膜に住み、毒素によって胃粘膜を攻撃します。

 

胃潰瘍、慢性胃炎、胃がんなど日本人によく発症する胃の病のほとんどが、ピロリ菌という細菌が原因で起こっているということが分かりました。

 

しかも、日本でのピロリ菌保持者(感染者)は、65才以上の人の約8割、50才台は4割、40才以下は1割程度と言われています。この年齢の差は、日本の衛生環境が大きく関わっています。

 

衛生環境の悪かった昭和初期、水等に生息していたピロリ菌が口に入ることで感染していました。しかし現在の日本では、水などの衛生面が大変改善されたため、ピロリ菌感染者が極端に少なくなってきています。

 

ピロリ菌の検査方法

現在の検査方法は、呼気テストや採血が主です。

呼気テストの方が確実なので、呼気テストを採用している病院が多いようです。

呼気テストは試験薬を飲んだ後、20分後に風船を膨らませて呼気を採取し、呼気中に含まれていないかをチェックします。

 

ピロリ菌除去方法

ピロリ菌の感染が元でポリープができるとの報告はありませんが、過形成のポリープは、ピロリ菌除菌によってポリープが消失することが分かっています。

 

また、この細菌の除去を行うことで、胃潰瘍は完全に治ります。

更に、胃がんの予防になることが分かっています。

 

ピロリ菌の除去は、抗生物質などの飲み薬によって行われます。

飲み方をキチンと守り、決められた期間・量を必ず守りましょう。

保険適用でピロリ菌の検査・除菌療法を行うことができる疾患は決められていますので、医師に相談しましょう。

 

(イラスト: by //www.irasutoya.com/2013/01/blog-post_8851.html)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ピロリ菌に関する記事

本当は怖いピロリ菌の話~胃炎・胃潰瘍・胃がんのリスク増大~

  「ピロリ菌」、どこかで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。...

LG21乳酸菌ヨーグルトの力

  ピロリ菌は多くの日本人が感染しているのですが、ピロリ菌によって慢性胃炎など...


胃がんの原因は細菌!?意外すぎるピロリ菌と病気の関連

  日本人は恵まれた衛生環境だからか、食べ物の違いからか、それとも遺伝子的にな...

「ピロリ菌」が口臭の原因に?

  胃炎や胃潰瘍、はては胃がんなどの原因となり、様々な病気を引き起こす「ピロリ...

カラダノートひろば

ピロリ菌の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る