カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心臓弁膜症 >
  5. 心臓弁膜症の症状~狭窄と閉鎖不全~治療後も油断しないで!

気になる病気・症状

心臓弁膜症の症状~狭窄と閉鎖不全~治療後も油断しないで!

心臓弁膜症とは?

 

心臓弁膜症は、先天性や後天性の二通りがあります。どちらにしても、症状は同様です。
心臓から血液を全身へ送り出しますが、送りだす際のドックンという鼓動の際に、血液が逆流したりしないよう、弁が開いたり閉じたりしています。
その弁の異常は、症状によって二通りあります。狭窄閉鎖不全です。

 

・狭窄

狭窄は、弁が開く際の異常です。開いて血液を送り出す際に、弁の開きが悪い為に、血液の流れが悪くなります。送りだす血液の不足です。

 

・閉鎖不全
また閉鎖不全、ドックンと心臓が収縮する際に閉じなければならない弁が、開いている状態です。
その為に、逆流が起こります。流したはずの血液が戻ってくるため、この場合も、血液の不足という事になります。

 

心臓弁膜症は、程度が悪ければ手術によって、弁を人工弁へ取り変える手術等を行います。
特に、心不全や心筋梗塞、心肥大等を併発している場合には、早急な治療が必要です。

 

心臓弁膜症のみならず、心臓の病気は治療後(術後)に注意が必要です。

 

●食事の改善


栄養バランスは大変重要となります。
心臓弁膜症に直接関わる訳ではありませんが、高血圧の基礎疾患を持っている場合は栄養バランスが重要です。
特に塩分やコレステロールの取り過ぎには注意しましょう。
なるべく外食等を避け、塩分使用料等の調整が出来るご自分の手で作った料理が良いでしょう。


●適度な運動

激しい運動は避けましょう。
ただし、肥満予防や心臓の強化の為にも、適度な運動は大事です。
無理のない運動を毎日継続的に続けていく事をお勧めします。


●生活習慣の改善

特にタバコは、心臓にも他の病気にも悪影響を与えます。
絶対に禁煙する様にしましょう。

又、過度な飲酒の習慣がある人は、少量にとどめる様にしましょう。

 

 

心臓は全身に血液を送り出す重要な臓器です。心臓の異常によって、他の臓器に血液が送り出せなくなると、多臓器不全を起こしたりもします。

 

心臓を大事にする秘訣は『高血圧』を克服する事でもあります。又、心臓弁膜症の弁の異常を治療する事です。
他の重大な病を防ぐ為にも、早く治療をしましょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/05/08-019197.php)

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心臓弁膜症に関する記事

自覚症状がなくても手術する!?心臓弁膜症の手術について知っておこう

  心臓弁膜症では心臓の血液の流れに関わる弁に異常があるので手術で弁をどうにか...

心臓弁膜症術後~術後の流れ、その後の日常生活で気をつけるべき3つのこと

  心臓弁膜症の手術が終わってもすぐに日常生活に戻れるわけではありません。術後...


知っておくべき!心臓弁膜症の診断に欠かせない4種類の検査

  心臓弁膜症とは、心臓内の血液の流れをスムーズにするための弁が開きにくくなる...

心臓弁膜症の手術~人工弁置換手術ってどんなもの?

心臓には、血液が入ってくる左右の心房と血液を送り出す左右の心室があります。そ...

カラダノートひろば

心臓弁膜症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る