カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃痙攣(胃けいれん) >
  5. ストレスから引き起こされる胃痙攣!!激痛はもう嫌!原因は?症状別対処方法は?

気になる病気・症状

ストレスから引き起こされる胃痙攣!!激痛はもう嫌!原因は?症状別対処方法は?

ストレスが原因で起こる胃痙攣。主にみぞおち付近で、激しい痛みを感じます。軽い場合もありますが、強すぎる痛みが起こるとショック状態になることも…この辛い痛みをなんとか和らげる方法はあるのでしょうか??

 

●胃痙攣の症状とは?

胃痙攣のでは飲食後この様な症状が現れます。

・激しいみぞおちの痛み

・吐き気

・食欲不振

・胃もたれ

・嘔吐

・胸やけ など

 

軽い痛みから、痛さのあまりに動けなくなるほどの激痛まで、痛みの程度は様々です。痛みの強い場合、ショック状態に陥ることもあります。

短かいものであれば数分、長ければ数時間も続くことがあります。

 

●胃痙攣の原因

胃痙攣を引き起こす原因は、疾患によるものと精心的なストレスによるものがあります。胃や腸は内臓の中でも、ストレスに大変敏感な臓器なのです。

 

●ストレス性の胃痙攣対処法

胃痙攣を引き起こすストレスや疲労がある方はゆっくりとした休養が必要です。又、ストレスによって胃が荒れていたりするので、胃潰瘍等の疾患を患っている可能性もあります。そういった場合は、疾患の治療も同時に行いましょう。

 

胃痙攣の痛みがひどい場合は、まずは痛みを和らげる為に鎮痛剤を用います。胃痙攣が頻繁に起きる場合は、鎮痛剤を服用する間隔があかない場合もありますので、服用には注意しなければなりません。

 

ストレスを和らげる、疲労を溜めない為にもゆったりとした生活を送ることが重要です。生活リズムが狂う様な生活は禁物です。例えば寝る時間起きる時間が毎日違ったり、食事の時間もバラバラだったり…。体のリズムが狂わない様に心掛けましょう。

 

食生活にも気を使うようにしましょう。暴飲暴食、不規則な食生活、塩分や油分の多い食事、刺激物(お酒類)等です。

胃痙攣は鎮痛剤で和らぎます。痛みが出たら、服用をしましょう。

 

 

ストレスが原因!?急な腹痛!胃痙攣とは??

何の前触れもなく、急に激しい腹痛を感じてしまう“胃痙攣”という症状を体験された方は少なくありません。胃痙攣とは、一体どんな症状なのでしょう?また起こったときにはどのように対処すると良いでしょうか?

 

◆胃痙攣って何?

胃の壁にある胃筋が強張ることで起こる発作的な症状で、みぞおちのあたりに激しい痛みを感じます。30分ほど続くこともあれば時には数時間にわたり痛みを伴うことも。

 

◆なぜ起こるの?

原因としては、強いストレス、急性胃炎、消化器潰瘍、胆石症、等が上げられます。痛みが続く、胃痙攣が頻繁に起こるなどは、何かしらの病気が原因だとされるので、病院へ受診しましょう。

 

◆胃痙攣が起こった場合には?

市販薬なども使用できますが、まずは、その痛みの原因を特定しなければならないため、病院へ受診し、検査することが最適です。検査した結果によって、症状に適した治療を行えます。

 

胃痙攣は精神的な不安や心の心理状態によっても、起しかねない症状です。無意識にうちにストレスがたまっていたり、ストレスを感じるような状態が長く続くと、それらがキッカケになり発症してしまうので十分、気をつけましょう。

 

 

胃痙攣の意外な原因とは?胃痙攣につながるストレスの原因

胃痙攣には、「強いストレスを感じると発症してしまう」という特性があるのですが、強いストレスとは、どんなストレスが挙げられるのでしょうか?胃痙攣に繋がってしまうストレスの原因を探ってみましょう。

 

◆身体的なストレス

季節の変わり目で、体がついていかない時、実は体には強いストレスがかかっています。この時期に起しやすい風邪症状によって免疫も低下し、胃痙攣も起してしまうケースがあります。

 

◆心のストレス

精神的なストレスによるものです。不安や悩み、考え事などモヤモヤしたものが胸につっかえている時、不快な腹痛を起す原因は、この胃痙攣かもしれません。

 

◆緊張によるストレス

受験や、仕事などで大きな緊張を抱える時などに感じるストレスです。

「緊張のしすぎでお腹が痛い」などと言う声を聞くように、あまりに強い緊張だと、症状も重く出てしまいます。

 

 

このようなストレスによる腹痛を感じないためにも、リラックスが出来るような環境をつくりましょう。

アロマだったりマッサージだったり、すきな音楽を聴いたり。五感を使って体にリラックスを与えることで緩和できます。

 

 

どうしたら良いの?胃痙攣発症者の対処法!

自分ではなく、子どもや家族、周りにいる人が胃痙攣の症状に見舞われた場合、どのように対処するべきなのでしょうか?いざという時に対処が出来るよう、覚えておきましょう。

 

優しく背中を撫でてあげる

激しい腹痛時にはお腹を抱え込むような体勢になると痛みが緩和します。

背中を撫でてあげることで、呼吸を落ち着かせ、安心させることができ、心的な緊張感が和らぐ効果があります。

 

温かいお水を用意する。

胃痙攣時には、何か胃に入れることで緩和するケースもあります。極端に冷たい物や熱い物を胃に入れてしまうと、かえって刺激になってしまうので、人肌より少しの温かい程度のお水を用意してあげましょう。

 

必要であれば病院へ!

激しい痛みが長く続いたり、顔色や様子がおかしいと感じた場合には、何かの病気が原因かもしれません。病院へ行く、または救急車を呼ぶことも頭にいれておきましょう。

 

いざ、胃痙攣を起している患者さんを目の前にすると、焦ってしまい、頭がパニック状態になるかもしれません。しかし、しっかり様子を観察し、声かけをして安心させてあげましょう。

 

 

胃痙攣の激しい症状…大切なのは原因に沿った治療をすること!症状と原因について

胃痙攣の経験はありますか?主に、食事の後などに、胃壁が緊張し、突然激しい痛みを発生する症状のことを言います。激しい痛みを伴う胃痙攣と、その原因についてご紹介します。

 

●胃痙攣の症状

痛みは、みぞおちから腹部にかけての痙攣性の痛みで、時に背部の鈍痛を訴える場合もあります。

症状としてはこの痛みが特徴的で、数十分(まれに1時間以上)に渡る激しい痛みが続くため、軽いショック状態を起こすこともあります。

 

四肢の冷汗(手足が冷たくなる)や、顔面の蒼白(顔が真っ白になる)を認めた場合は、血圧が低下しショック状態に陥っている場合もありますので、そういう場合は保温と下肢の挙上を図り、速やかに病院へ搬送することをお勧めします。

 

胃痙攣の症状として、

1. みぞおち部分の激しい痛み

2. 嘔気

3. 嘔吐

4. 胃もたれ

5. 噯気(げっぷ)

6. 下痢

7. 冷汗

などがあります。

 

 

●胃痙攣の原因

胃痙攣の場合は、その原因を検査し、その原因に添った治療をすることが必要です。

原因としては、胃潰瘍・急性胃炎・胃軸捻転・胃粘膜脱など、実際に胃の病気によるもののほか、十二指腸潰瘍・胆石症、胆管炎、急性膵炎などの、他臓器が原因の場合もあります。また、ストレスや過度な緊張、神経症が原因となることもあります。

 

受診する場合は、痛みの状態を詳しく医師に説明し、原因を調べてもらいます。

1. シクシク痛む

2. キリキリ痛

3. 食事の後に痛む

4. 空腹時に痛む

5. どのくらいの時間つづくのか

など、痛みの性質を担当医に詳しく説明すると、速やかに治療を進めてもらうことができます。

 

痛みのみに着目し、胃腸の緊張をほぐす鎮痛薬・鎮痙薬などでその場をしのぐ方法もありますが、それを続けていると、病状が悪化していく可能性が高くなります。

あくまでも原因となる疾患を調べ、その治療を行うことが大前提です。

 

 

疾患から引き起こされる胃痙攣とは?胃痙攣について知っておこう!

胃痙攣は、胃の筋肉が緊張する事で起こる痙攣です。痛みの起こる場所は、みぞおち付近です。激しい痛みが起こります。

胃痙攣ではなく肝臓や腎臓、膵臓等の病気でもみぞおちが激しく痛む事があるので、胃痙攣と区別しなければなりません。

 

胃痙攣の症状

飲食後、みぞおち辺りに発作的な激痛が起きます。

痛みのみならず、吐き気や食欲不振、胃もたれ、嘔吐、胸やけ等が起きる事もあります。

 

軽い痛みで済む事もありますが、激しい痛みの場合、痛さのあまりに動けなくなる事もあります。

稀ですが、ショック状態に陥ることもあります。

短かいものであれば数分、長ければ数時間も続く事があります。

 

胃痙攣の原因

胃痙攣を引き起こす原因は疾患によるものです。

主な疾患は、急性胃炎、 胃潰瘍、胃がん、胆のう炎、胆石症、十二指腸潰瘍、急性膵炎、急性虫垂炎等です。

また、精神的緊張によって起こる事もあります。

 

胃痙攣対処法

胃痙攣を引き起こす疾患を持っている方は、その治療を再優先に行います。

痛みがひどい場合は、鎮痛剤を用いたりもします。

 

消化器系の疾患は、食生活が大きく関わります。

暴飲暴食、不規則な食生活、塩分や油分の多い食事等です。

消化器系の疾患を患った場合は、自分の生活を見直しましょう。

 

又、ピロリ菌の検査を同時に行いましょう。ピロリ菌は消化器系の病気のほとんどが関わっていると言われます。それほど悪い細菌なのです。

疾患の治癒と予防によって胃痙攣は起こらなくなります。

 

 

胃痙攣(胃けいれん)の辛い痛み…胃痙攣を引き起こす疾患とは?

胃痙攣は、食物を摂取した後の反射により、胃壁にある筋層が必要以上に緊張することで痙攣を起こしたような状態になり、突然激しい痛みを発生する症状のことをいいます。

 

胃痙攣とは?

痛みは、みぞおちから腹部にかけての痙攣性の痛みで、時に背部の鈍痛を訴える場合もあります。ひどい場合は数十分(まれに1時間以上)激しい痛みが続くため、軽いショック状態になることもあります。

 

胃痙攣そのものは病気ではありません。他に何らかの原因となる疾患があり、それがもとで発症することがほとんどです。

胃は交感神経や副交感神経と密接な関係を持っていますので、まれにストレスや極度の緊張、神経症などが原因となり症状を引き起こすこともあります。

 

胃痙攣の症状を引き起こす疾患

1. 急性胃炎

2. 胃軸捻転(いじくねんてん) 

3. 胃粘膜脱(いねんまくだつ) 

4. 胃潰瘍 

5. 胃がん 

6. 急性胃拡張 

7. 胆のう炎 

8. 胆石症 

9. 十二指腸潰瘍 

10. 急性膵炎 

11. 急性虫垂炎

 

胃痙攣の場合は、まず原因を究明するための検査を行うことが大切です。

 

 

治療

原因をはっきりとさせたうえで、それに合わせた治療を行います。

多くの方は胃・十二指腸潰瘍や急性胃炎が原因のようですので、それに見合った胃粘膜の保護剤やガスターなどのH2ブロッカーを使用します。

 

躁うつ病などのような双極性障害の方も、胃痙攣の症状を訴える方が多いようです。その場合は、その方に合った安定剤を用います。

痙攣自体にはブスコパンなどの鎮痛剤を用いますが、ひどい場合にはすぐに効かないということもあるようです。

 

いきなり胃痙攣の痛みに襲われた場合は、とにかく安静にし、できるだけゆっくりと息をします。あまり深く深呼吸を繰り返してしまうと過呼吸になる場合もありますので、日ごろ自分が呼吸しているリズムを意識したほうが良いでしょう。

また、胃痙攣を頻回に起こす場合は、医師に相談し、何らかの予防策を講じることをお勧めします。

 

辛い胃痛や腹痛が起こる胃痙攣!症状別の対処法とは?

辛い胃痛・腹痛を感じてしまう、胃痙攣。胃痙攣にはどんな症状があるのでしょうか?症状別に、どのような対処をすると良いのか見ていきましょう。

 

激しい胃痛には?

激しい胃痛には、背中を丸めてお腹を抱え込むような体勢が痛みを緩和します。

腹部をあたためるのも効果アリ。市販の胃痛薬は、消化酵素を助ける成分が含まれていると逆効果です。

 

 

嘔吐・吐き気には?

胃痙攣には何かしら食べることで症状が軽くなるといわれていますが、吐き気を伴っている場合には、無理に食べない事が大切です。

 

吐血や出血の場合は?

胃痙攣だろうと思っていても、吐血をしてしまったり、激しい腹痛の後に生理のような出血がみられた場合には、胃痙攣ではない別の病気が原因かもしれません。

直ちに医師に見てもらいましょう。腹痛や出血の様子、薬服用の有無などを医師に伝えることが大切です。

 

 

胃痙攣は症状が様々ですが、時間の経過と共に落ち着いてくる特徴があります。胃痙攣が頻繁に発症したり、痛みが長く続くようであれば、医師に相談しましょう。

(Photo by: http://www.ashinari.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-06掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃痙攣(胃けいれん)に関する記事

急な腹痛・胃痛が起こる胃痙攣!妊娠中にに起こったら?なぜ起こるの?対処法とは?普段の生活を改めるきっかけに

妊娠中、お腹に赤ちゃんがいて大変なのに、急な腹痛・胃痛を感じてしまう胃痙攣。...

カラダノートひろば

胃痙攣(胃けいれん)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る