カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 胃下垂・胃アトニー >
  5. 胃下垂から胃アトニーにならないように!胃アトニーの治療法

気になる病気・症状

胃下垂から胃アトニーにならないように!胃アトニーの治療法

胃下垂は知っている方も多いと思いますが、胃アトニーは知らない方が多いのではないでしょうか?

 

胃アトニーは胃下垂が原因でなる症状です。ちなみに胃下垂は、胃のバリウム検査で確認するとすぐに分ります。胃が骨盤よりも下がっている状態が『胃下垂』なのです。

 

胃下垂や胃アトニーは一般的に痩せ型の女性に多いようです。甲状腺機能亢進症や脳下垂体不全、手術によって起きる事もありますが、胃下垂の多くは体質的な事が多いようです。

 

胃下垂になると胃の中ではこんな状態に?!

食べ物の消化がうまくできなる 

胃の中に長期間食べ物が残る事で、消化不良が起こります。消化不良を起こす事で、栄養を体に吸収しずらくなり、体が栄養不足となります。肌荒れや便秘などを起こします。

 

胃酸の分泌が過剰になる

残った食べ物を一生懸命消化しようと胃が頑張ってしまいます。すると、胃酸の分泌が過剰となり胃酸過多になります。胃酸過多は、 胃炎や胃潰瘍を起こす危険性が高くなります。

 

胃アトニーになる

胃の内側の壁の筋肉の緊張が低下する事で、胃の働きが鈍くなります。この状態を胃アトニーと呼びます。症状がなければ病気ではありませんが、胃の働きが鈍る事で、胃のもたれなどの不調が現れると、胃アトニーです。

 

胃アトニーによって引き起こされる主な症状

胃下垂だけの場合には、自覚症状はほとんどありませんが、胃アトニーになると下記の症状が現れます。

 

・消化不良

・胃もたれ

・胃痛

・ゲップ

 

胃下垂の治療

胃下垂自体は病気ではないので、特に治療はありません。ですが、胃アトニーの症状が現れたら、以下のようなことを気をつけなければなりません。

 

規則正しい生活を送りましょう。

胃はストレスや疲れを受けやすい臓器です。他の要因によって、症状が悪化しない様に注意しましょう。

 

食事を1日4回以上の小分けにし、栄養価の高い食品を少量にする

胃下垂は消化不良を起こしやすい状態です。一度に多くの食べ物を胃に入れると消化不良で胃酸過多になりますので、胃酸によって胃炎や胃潰瘍を起こしやすくなります。

 

なるべく、胃に負担をかけない様な食事や回数に気をつけなければなりません。

 

腹筋を鍛える

胃下垂はインナーマッスルという内側の筋肉が衰えている場合が多いです。腹筋で鍛えればすぐ元の位置に戻る訳ではありませんが、少しでも悪化を防ぐ為、症状を軽減させる為にも、内側の筋肉を鍛えましょう。

 

腹筋は、姿勢の良い状態を維持するだけでも鍛えられます。正しい姿勢で歩く事を心掛けましょう。

 

胃の運動機能を良くする薬が効く事もあります。胃下垂自体が怖い症状ではありませんが、胃に異変があったら胃アトニーになっているかもしれません。胃の異変に気付いたら、病院を受診しましょう。

(イラスト: by //www.irasutoya.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃下垂・胃アトニーに関する記事

胃下垂の症状を改善するために気を付けることって?

          胃下垂は、胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態...

胃アトニーは胃無力症で、胃下垂と同じ症状になる!?

        胃下垂は、胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態のこ...


胃拡張は腹部膨満と嘔吐を繰り返す危険な病!

        本来、胃の内容量は1.2~1.6リットルですが、食べ物が入ると...

胃下垂に多い過食と消化不良 どんな症状があるの?

胃下垂は、胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態のことを言います。症状...

カラダノートひろば

胃下垂・胃アトニーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る