カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 十二指腸 >
  4. 憩室 >
  5. 十二指腸憩室の合併症、憩室炎になった場合に注意すること4つ!

気になる病気・症状

十二指腸憩室の合併症、憩室炎になった場合に注意すること4つ!

十二指腸憩室という病気はご存知ですか?

まず、十二指腸の場所を説明します。胃と小腸がつながった箇所に近い小腸側にあります。


十二指腸憩室は、その十二指腸の壁の一部に大きさ1~3cm程度の袋状のものができる疾患です。

十二指腸憩室は先天性の場合もありますが、加齢とともに増え、増大する傾向があり、高齢者の多くはこの憩室を持っていると言われています。

しかしこの憩室は自体はほとんどの場合無害であり、症状がありません


ですが、稀に合併症を起こしている場合は、その合併症特有の症状が現れます。

主な症状としては、腹痛や発熱、出血が現れ、黄疸です。

また、憩室に炎症が起こる合併症の場合、食事が食べれなくなることもあります。

では、十二指腸憩室の合併症、憩室炎になってしまった場合に気をつけるべき生活のポイントをご紹介します。

 

憩室炎になってしまった場合、気をつけること

 

●食物繊維

食物繊維を多く摂りましょう。憩室予防に役立つのではないかと言われています。

腸内環境も良くなります。ただし、急激に食物繊維を摂ると逆効果です。少しずつ増やすようにしましょう。

(主に含まれる食材)サツマイモ、レタス、豆類

 

●適度な運動

適度な運動は、腸を活発化させます。

 

●水分補給

水分をしっかり摂りましょう。食物繊維と水分で腸内の環境はさらに良くなります。

 

●消化に悪い食品を避ける

消化に悪い食品は、長期間腸内にとどまります

腸の負担を減らすためにも、消化に悪い食品は避けましょう。

(消化に悪い主な食品)ピーナッツ、とうもろこし、ベリー類

 

 

憩室を予防・悪化を食い止めるためにも必要なのが腸内環境の改善です。

憩室による合併症である憩室炎を防ぐためにも、便秘をしない生活を心掛けると良いでしょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/02/28-376734.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

憩室に関する記事

無症状の場合がほとんど!?十二指腸憩室の症状、気を付けたい病気

十二指腸憩室とは、十二指腸の一部が外側に袋状に飛び出したものをいいます。多くが...

十二指腸憩室が出血するのはどんな時?

 十二指腸憩室とは、十二指腸の一部が袋状に伸びて憩室を形成したものです。 ほと...


十二指腸憩室に異変?!炎症を起こしていたら治療が必要!

大多数の方に症状は無く、治療の必要もない十二指腸憩室ですが、まれに治療の必要な...

健康診断で十二指腸憩室が見つかったらどうすればいい?

身体のどこにも不調は感じていないのに検査をしたら“十二指腸憩室”だと言われた、...

カラダノートひろば

憩室の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る