カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

新生児の心室中隔欠損

心室中隔欠損をご存知ですか?出産を終え、心臓の音の異変などからこの病気を知らされたご家族は不安いっぱいだと思います。心臓に穴が開いていると聞かされると、びっくりするのも当然です。

 

心室中隔欠損症

心室中隔欠損症とは、先天性心疾患の一つです。発症する割合は、1000人に3人と言われていて、先天性の病気の約6割がこの病気です。

 

日本では最も多い先天性疾患なのです。その内の半数は、生後1年以内に自然に閉じてしまいます。

 

心臓の穴とは詳しくお話すると、右と左に別れた心室の間の壁の穴です。穴の大きさは、針の様な小さな穴から、大きくつながるように開いた穴まで様々です。

 

症状は軽いものから心不全を起こすほどの重症のものまであります。穴が開いているので、血液が逆流したり血液が混じったりします。穴が大きいからと言って重症という訳ではなく、逆流の状態や穴の位置によって重症かどうかが決まります。

 

症状

状態が軽度の場合は、目で見て赤ちゃんに症状があるかどうかは分からないことが多いですが、重症の場合だとこのような症状が現れます。

 

・呼吸が荒い

・呼吸回数が多い

・母乳の哺乳量減り体重が増えない

・元気がない

・汗をかきやすい

 

特に呼吸回数が多いなど呼吸への影響が出ている場合は、心不全や心房細動を起こしている危険性がありますので処置が必要です。

 

穴を閉じる手術とは?

穴が閉じずに数年経過した場合、だいたい4~5歳で手術を行う事が多い様です。しかし、心不全や肺高血圧を発症している場合は、一刻も早く手術を行わなければなりません。

 

穴を直接に縫う、又は人工のあて布で手術を行います。人工のあて布は、取り換えは不要です。その他の合併症の症状がない場合は、比較的手術後の予後は良好です。

 

何故心不全が起こり易くなる?

心不全は、心臓への負担が原因で、心臓が血液を一生懸命全身へ送り出そうとします。血液を送りだす力が強ければ強い程、心臓の負担は増します。

 

この心室中隔欠損になっている場合、全身へ血液を送り出す左室から右室へ血液が流れ出てしまうため、全身へ送りだす血液が不足します。すると、心臓が頑張って不足した血液を送ろうとします。

 

このような状態が、心不全を起こしやすくします。心不全は、心臓の機能を失ってしまうので、全身に血液が行きとどかなくなります。その為、命の危険性のある病気です。

 

定期的に検診へ行き、他の合併症を引き起こす可能性がないか確認してもらいましょう。  

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心室中隔欠損に関する記事

心室中隔欠損の手術ってどんなふうに行われるの?基本的には無輸血手術が多いです

  心室中隔欠損は先天性心疾患の中でも20%を占める病気で、1000人に3人が...

幼いころに心室中隔欠損を患ったけど、妊娠・出産への影響はあるの?

  心室中隔欠損は無症状のまま大人になっても過ごせる程度の軽度のものから、すぐ...


生後数か月での心室中隔欠損手術…子供への負担が大きいのでは?と心配なあなたへ

  心室中隔欠損は後天的になるケースよりも先天的に持って生まれてくるケースの方...

カラダノートひろば

心室中隔欠損の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る