カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心房中隔欠損 >
  5. 子どもがかかっても気付きづらい!先天性の病気、心房中隔欠損

気になる病気・症状

子どもがかかっても気付きづらい!先天性の病気、心房中隔欠損

心房中隔欠損はどのようなもの?

通常の血液の流れは、肺からの新鮮な血液が左心房へ流れ込み、左心房から左心室へ流れ、全身へと送りだされます。

しかし、先天性の病気である心房中隔欠損は、右心房と左心房の間の壁である心房中隔に、何らかの原因で穴が開いてしまいます

先天性心疾患の内の約7%がこの疾患にあたります。  


新鮮な血液を左心房から左心室に流す途中、心房中隔欠損があるために新鮮な血液は右心房へ流れてしまいます。そのため、新鮮な血液が左心室へ流れず、少ない動脈血で全身を維持しなければならなくなります。

穴が11~15ミリ程度でも、約3分の2が逆流している事もあるそうです。
乳幼児の様子には変化が見られなくても、身体に相当な負担がかかっていることは言うまでもありません。

 

手術をするか否かを判断する目安としては、大動脈から全身に送られる血液の50パーセント以上が漏れている場合と言われています。


または、生後1年程で穴は閉じることがあるとされています。その時期を超えると、穴が閉じる確率はほとんどなくなります。

しかも成長するにつれ、心臓も大きくなり、穴が更に大きくなる事もあります。

この病気の発見時期も様々で、生後すぐに発見出来ていないケースもあります。
心雑音もほとんど聞かれない為、小さいうちは判明できず、小学校や中学校へ入った時の心電図検査で判るケースもあります。


この病気の特徴はほとんどありません。
やせ形、疲れやすい、息切れ等の症状がある事もありますが、子供であればある程、症状を親が知る事は難しいです。


ですので、やはり発見は心電図や聴診器の心雑音からの発見が多くなります。

体が大きくなればなる程、全身が必要とする血液の量も増えます。少ない動脈血で体を維持するのには限界に達する事もあります。
手術をしなくていいケースもありますが、動脈血の量等によって手術を判断します。
手術は、穴を塞ぐ手術が一般的です。

 

主治医にしっかり相談し、どういう風にこの病気と付き合っていきましょう。

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2010/04/25-036107.php)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心房中隔欠損に関する記事

心房中隔欠損が起きるメカニズム 心房中隔欠損が遺伝する可能性はあるの?

  心房中隔欠損は右心房と左心房の壁に穴が開いている病気のことで、右心室と左心...

心房中隔欠損において重要なカテーテル検査

先天性の病気の一つ、心房中隔欠損という病気をご存知ですか?生まれつき左右の心房の...


費用はかなり安い!?心房中隔欠損の手術時間と費用を知ろう

  心房中隔欠損の手術は心室中隔欠損の手術とよく似ており、何はともあれ心房に開...

心房中隔欠損の子どもでも運動はOKですか?

  子どもが心房中隔欠損を持っていると、普段の生活に際して注意することはないの...

カラダノートひろば

心房中隔欠損の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る