カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

胆道ジスキネジーの原因

あまり聞きなれない病気、胆道ジスキネジーをご存知ですか?

 

症状は、食後の右上腹部の鈍痛の症状が現れても、他の胆道系に胆石や炎症、癌などの異常が認められない病気です。まれに、吐き気、腹部膨満感、下痢があることがあります。

 

この病気の原因は?

消化をするためには、十二指腸へ胆汁を流さなければなりません。胆道内にあるファーター乳頭が開いて、胆汁を十二指腸へ送りだします。しかし、何らかの原因でファーター乳頭が異常を起こす為、胆汁が排出されない(急速に排出される)ことで上記の症状がみられます。

 

ファーター乳頭の異常の発生は、不明です。ファーター乳頭を開き、胆汁を排出させるのに関係している自律神経やホルモンの異常が原因ではないかと言われています。

 

また、ファーター乳頭の異常が、他の病気の合併症として発症することもあります。糖尿病や妊娠、潰瘍、肝炎が主な病気です。

 

ファーター乳頭の異常は女性に多く、心因的要素が大きく関わります。

この病気には3つの種類に分けられます。

 

●緊張亢進型(ファーター乳頭が開かない)

胆嚢がはりつめたようにふくれているために、胆汁を適切に排泄出来ません。胆汁の排泄が遅れ、食後数時間すると腹痛が生じます。

 

●運動亢進型(ファーター乳頭から胆汁が急速に排出される)

胆嚢が食事で直ちに収縮し、胆汁が急速に排出されるものです。食直後に腹痛があります。

 

●緊張低下型(ファーター乳頭からの排出が少ない)

胆嚢は緩んでいるため、胆嚢の収縮が弱く、胆汁の排泄が遅れるます。継続的に続く腹部の鈍痛があります。

 

治療方法と生活習慣

薬物治療が一般的です。まれに、胆嚢の摘出手術やファーター乳頭の切除が行われます。そして、治療と併用してほしいのが、生活習慣の改善です。

 

・暴飲暴食を避けましょう

・刺激物の摂取を極力避けましょう

・バランスの良い食事を心がけましょう

・疲れやストレスをなるべく溜めないよう、ゆっくりと休息をとりましょう

・規則正しい生活を送りましょう

 

心的要因が関わっているため、ゆっくりとした休息が一番の治療です。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆道ジスキネジー(胆道運動異常症)に関する記事

自律神経の不安定な人に起こりやすい病気、胆道ジスキネジー

この痛みは胆石ではないか?と思う程強い痛みに襲われ、病院を受診する事も少なく...

女性や神経質な人に起こりやすい 腹部の痛みと発熱

      胆道・胆嚢腫瘍・炎症・結石などの異常がないのに胆石症に似た症状になる...


ファーター乳頭の動作異常!胆道ジスキネジーの特徴と症状

  胆道ジスキネジーは、肝臓で作られた胆汁を十二指腸に送る途中にある調整弁の役...

原因の異なる三つの胆道ジスキネジー

  肝臓にあるファーター乳頭という器官は胆嚢の収縮によって胆道に送り出され...

カラダノートひろば

胆道ジスキネジー(胆道運動異常症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る