カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 注意したい病気 >
  5. 日射病・熱中症 >
  6. 夏を快適に過ごすために!子どもの暑さ対策のポイントとは!

育児・子供の病気

夏を快適に過ごすために!子どもの暑さ対策のポイントとは!

暑い!

毎日暑い日が続いていますが、子供たちにとっては、夏休み中に普段は出来ない遊びを沢山楽しめる機会でもあるかもしれません。

しかし、熱さ対策を怠ると、楽しい夏のレジャーも台無しです。せっかくの夏を楽しく過ごすためには、どのような対策が考えられるでしょう?

 

水分補給は塩分と一緒に!

まずは、水分と塩分の補給。連日、熱中症患者の救急搬送がテレビのニュースなどでも取り上げられ、予防方法などもよく特集されていますね。

汗を沢山かいたときには、水分と共にミネラルも失われてしまうので、水分と塩分の補給は、それらを補うための処置です。

 

特に子供は、暑くても外で遊んだり、クラブ活動などで激しい運動をすることも多く、また一般的に大人よりも代謝が活発なので、こまめに補給させることが必要になってきます。

 

こまめに休息を

連日の猛暑や熱帯夜で、自分が感じているよりも体が疲れやすいということも考えられます。日中の活動の間は、水分補給とともに、こまめに休憩を取ることも心がけましょう。

 

服装は素材にも工夫を

次に服装です。夏の服装で大切なのは

 

・「吸水性」

・「通気性」

・「太陽光から皮膚を守る」

 

などが挙げられます。

 

綿や麻などの自然素材が吸水性・通気性が高いとされています。汗をよく吸収し高い通気性で蒸発させることが、体の表面のから熱を逃がすために有効です。

 

最近では化学繊維でも、吸水・速乾の素材が広く使われるようになり、子供服でもそういった素材が見られるようになりました。また、子供の皮膚は薄いので、紫外線のダメージをより多く受けてしまいます。長時間太陽の下にいる場合などは、

 

・通気性の良い帽子を被る

・薄手で通気性のよい袖のあるものを羽織る

 

などして、強い太陽光から守ることも大切です。

 

子供の体は大人よりも敏感ですので、暑い夏を快適に楽しく過ごせるよう、気をつけてあげましょう。

(イラスト by いらすとや )

著者: ミシェルさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

日射病・熱中症に関する記事

子どもの熱中症予防をして暑い夏をのりこえましょう。

    熱中症になると、高温の場所にいると体温が上がって汗をかき、体の水分が...

春先に起こる車内の熱中症…春はまだ体の準備ができていないからなおさら注意!

  熱中症といえば、夏にかかるものと思われがちです。しかし、実際には春先から熱...

日射病・熱中症の体験談

子どもの熱中症に気をつけていたら自分が…

息子にとって今年は初めての夏です。 そして暑い季節に絶対に気を付けなければならないのが熱中症です。...

熱中症にならないためのしていること・・

暑い毎日が続きますね・・・。 幼い娘を連れて外に出ることがなかなか大変です。 何より怖いのが、こ...

カラダノートひろば

日射病・熱中症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る