カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

急性膵炎患者の食事の注意点

膵臓とは、人間が生命を維持する上で重要な働をします。
食べたものを消化酵素で消化する働きと、血糖値を正常に保つ働きです。

 

急性膵炎とは、膵臓の働きの一つである消化酵素で消化する働きが、何らかの異常によって活性化されます。
すると、膵臓自身が出す消化酵素で自身を溶かしてしまう又は炎症を起こしてしまうのです。
進行が更に進むと、他の臓器に炎症を起こしてしまいます。
それが、多臓器不全という最も怖い症状へとなるのです。

 

急性膵炎の患者は、食事制限があり、低脂肪食を進められます


低脂肪食とはつまり、脂質の少ない食事の事です。
脂質の多い食事は膵臓への負担が大変大きいため避けなければなりません。
脂質が低く消化のしやすい食事を心掛けましょう

 

(注意)病期、症状によって数値に多少の誤差があります

 

・脂質は1食10gを目安にし、1日30gまでにしましょう。
糖質植物性タンパク質を中心にした食事が良いでしょう。
・動物性タンパク質は脂質が多い為、魚や鶏肉にしましょう(脂分の少ない食材にしましょう)
・アルコールは控えましょう
・食事は軽く、腹8分目までを目安に食べましょう
・食事と食事の間隔を8時間以上あけないようにしましょう
・カロリー、栄養不足にならないように気をつけましょう

 

外食をする際の注意点


コンビニやスーパーに置いてある弁当類は脂質表示があります。
しかし、脂質の低い弁当は比較的少ないのが現実です。
簡単でも良いので、ご自分で作ったり、惣菜の組み合わせが出来る物が良いでしょう。

消化の良い食事、脂質表示を確認する事がこの病気の食事の注意点です。

 

 

 

 

(Photo by: //sozai.cms.am/search/food/vegetable-679.htm)

 

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

急性膵炎に関する記事

お酒の飲み過ぎは急性膵炎に注意!

  お酒を飲み過ぎた翌日に、上腹部痛がある…急性膵炎かもしれません。日本で...

急性膵炎~初期と重症時の治療法とは~

  膵臓とはどんな役割をする? 膵臓は、日常生活を送る上でとても重要な2...


野菜を食べて活性酸素を増やさない!急性膵炎の予防にも?

  急性膵炎は生命に関わることもあります。また、良好な経過でも、後遺症で糖...

難病指定の急性膵炎ってどんな病気?

急性膵炎とはどのような病気でしょうか?   膵臓は、食べ物を消化する為に...

カラダノートひろば

急性膵炎の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る