カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 生活習慣 >
  5. 慢性腎臓病で気を付けた生活習慣5つ

生活習慣病

慢性腎臓病で気を付けた生活習慣5つ

 

 

 慢性腎臓病は生活習慣を改善することによって、発症を防いだり進行を遅らせることが出来ます。

特に以下の5つの生活習慣を守ることがとても大切です。

 

1、禁煙

 喫煙は慢性腎臓病の症状を悪化させるとされています。喫煙によって血圧が上がるので、腎臓の働きが悪くなり、腎臓の働きが悪くなるので血圧のコントロールが難しくなる、というような負の連鎖を引き起こします。

 

2、飲酒量を減らす

過度な飲酒は慢性腎臓病の発症・進行を引き起こす原因になります。

アルコールによって肝臓の働きが悪くなり代謝能力が落ちると腎臓への負担が大きくなります。

ほどほどの飲酒量であれば問題はありません。

 

3、 適度な運動

適度な運動を行う事によって腎臓の大敵である糖尿病の症状を抑えることができます。

また、適度な運動は血管に程良い負荷がかかるので血管に柔軟性が生まれて高血圧を防ぐ効果があります。

また、 運動によって適正体重に近ずくと高脂血症(脂質異常)を防ぐ事もできます。

 

4、規則的な生活

過労睡眠不足などによって身体に負担をかけると腎臓にも悪影響が及びます。 

ストレスも血管を収縮させたり内臓の働きを悪くするので要注意です。

 

5、適正な食生活

慢性腎臓病ではたんぱく質や塩分の摂取制限が行われる場合があります。塩分やたんぱく質の最終分解物である尿素は腎臓で濾し取られて排出されるので 、過度の摂取は腎臓に負担をかけてしまいます。

また、肥満を防ぐためにも総摂取カロリーに気をつけましょう。

 

 

 まとめ

これらの生活習慣を取り入れると、慢性腎臓病だけではなく様々な生活習慣病を防ぐことも出来ます。

メタボリックシンドロームなどの生活習慣病は慢性腎臓病と深い関係があるので、生活習慣に気を付けて健康的な体を手に入れましょう。

 

 

 

 

 

 

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2012/08/13-366940.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

生活習慣に関する記事

慢性腎臓病での生活制限~何を気をつければいい?

     運動は腎臓に負担をかけます。慢性腎臓病になると進行具合に応じて日常...

運動で腎臓病を予防する!

  腎臓病を予防するためにできることのひとつが運動です。 運動は腎臓病の...


CKDに禁煙は必須! 毒にしかならないタバコを止めるために

    CKD(慢性腎臓病)は、その悪化を防ぐため、日常生活に様々な規制が生じ...

慢性腎臓病は食事療法が進行悪化のカギ!

      CKD(慢性腎臓病)は、その悪化を防ぐため、日常生活に様々な規制...

カラダノートひろば

生活習慣の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る