カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 擦り傷 >
  5. 傷跡がきれいに治る!押さえておきたい☆擦り傷の応急処置

育児・子供の病気

傷跡がきれいに治る!押さえておきたい☆擦り傷の応急処置

擦り傷は子どものケガの中でも一般的です。
大人でも気付かないうちに擦り傷を作っていたなんてこともあります。

そんな擦り傷の正しい応急処置を見てみると、意外な方法だったと驚く方も少なくはありません。

 

実はNG!消毒液と絆創膏

擦り傷を作ってしまった時にはまず患部をよく洗って、軽く水けをとったら消毒液で消毒するというのが従来のやり方でした。

ですが、消毒液では体が自分を守るために作った細菌も殺してしまいます。

そして、絆創膏は傷口の水分を取ってしまうので傷跡が残りやすいというデメリットがあります。

 

消毒液は要らない!湿潤療法で応急処置

昨今メジャーになってきているのが湿潤療法という擦り傷の治療法です。

前述した消毒液と絆創膏を使わないタイプの応急処置の方法で、まずは水で傷口を洗って雑菌を落とします。
流水で1-2分洗えばOKです。

水道などがない場合にはペットボトルに水を入れて流すように洗っても大丈夫です。

次にサランラップで傷口を塞いで、外れないようにテーピングします。

医療用のサジカルテープなどで止めれば湿潤療法の処置は終了です。

 

湿潤療法のメリット

湿潤療法では、かさぶたが出来ないのでかさぶたを無理やりはがして傷跡が残ってしまう心配はありません。

湿潤療法の専門の保護材はやや高額ですが、ラップでも代用できるので大きな問題にはなりません。

壊死組織の多い大けがでなければ、湿潤療法が役立ちます。

 

擦り傷処置の新しい形が湿潤療法です。湿潤療法では消毒液を使わず、絆創膏も使いません。

傷口を水で洗い流したあとにはラップを貼り、テーピングします。

滲出液でラップが汚れたら貼り換えてください。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/12/07-354517.php])

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

擦り傷に関する記事

子どもの擦り傷で心配な破傷風の予防

     子どもが遊園地や砂場で転んでけがをした、またキャンプ先の野山やバーベ...

擦り傷が化膿した!?こんなときはどうすればいいの?

擦り傷を治療したけれど、なかなか治らない。広範囲にわたる擦り傷で、傷口が広い...

擦り傷の体験談

初めてのケガ

最近、動きが活発になってきた娘ちゃん。 先日初めてのケガをしました。 それは、いつものよ...

保育園でかまれた娘

昨日保育園に娘を迎えにいくと、先生が深刻な顔をして話し始めました。 一瞬目を離している隙に、お...

カラダノートひろば

擦り傷の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る