カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 慢性腎臓病(CKD) >
  4. 病院 >
  5. 慢性腎臓病に教育入院~腎臓に良い生活を体験してみよう!

生活習慣病

慢性腎臓病に教育入院~腎臓に良い生活を体験してみよう!

 

 

慢性腎臓病の進行を防ぐには食事制限や適正な運動、薬物による血圧コントロールといった日常生活の節々に気をつけなければいけません。

ですが、これらの事を実際に実行するのは難しいものです。

 

そこで慢性腎臓病への理解を深めて腎臓に良い生活を体験するために教育入院をすることができます。

 

 

教育入院で行う事

◦専門医からの説明

慢性腎臓病について専門医からの説明を受けます。病院によってはサッシやDVDを使って説明してもらえます。

 

◦食事療法について

慢性腎臓病では塩分やたんぱく質の摂取制限が行われます。肥満の方の場合は減量をする必要もあるので総摂取カロリーに対する制限も行われます。

教育入院では病院の食事で実際にこれらの食事療法を体験します。

また、専門の栄養士から献立の組み立て方や外食の仕方などの詳しい説明を聞き、個人のライフスタイルや好みにあった食事療法の仕方を相談できます。 

 

◦血圧測定について

慢性腎臓病では血圧をコントロールすることが予後に非常に重大な影響を与えます。自分で血圧を測る練習や、血圧を下げる薬について薬剤師からの説明を受けることが出来ます。 

 

◦リハビリについて

理学療法士から適正な運動量や日常動作についての説明と実際のリハビリトレーニングを受けることが出来ます。

 

チームとして 

これらの事を貴方のためのチームが編成されて行われます。

医師を中心として看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士などがカンファレンスを行いながら進めて行きます。 

 

 

まとめ

生活を一人でガラッと変えるのは難しいものです。

教育入院を行えるような病院は慢性腎臓病のプロフェッショナルの集まりですので、専門家の力を借りるのは非常に有効だと思われます。

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2010/11/17-342337.php)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

病院に関する記事

自覚症状が少ないからこそ!教育入院して慢性腎臓病について知ろう!

  生活習慣病を発症した場合、それを改善したり進行を予防するためには、生活習慣...

将来的なCKDを予防するための取組み~学校検尿~

        学校検尿(学校腎臓検診)は、慢性的に経過しがちな種々の腎尿路...


腎生検って何?検査の流れってどんな感じ?

     慢性腎臓病が最初に見つかったのは血液検査や尿検査からと言う方が多い...

MRI検査が危険!?ガドリニウム造影剤には要注意!

  MRI検査などでは、しばしば造影剤が使用されます。造影剤を使用しなくてもM...

カラダノートひろば

病院の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る