カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 急に倒れた >
  5. 子供が急に倒れた!どうしたらいいの?

育児・子供の病気

子供が急に倒れた!どうしたらいいの?

 

子どもが急に倒れた時にはつい慌てて取り乱してしまうかもしれません。何をやったらよいかわからないという方も多いです。

子どもが急に倒れた場合の対処法を見ていきます。

 

●救急車を呼ぶ/呼んでもらう

てんかんなどの病気ではない子どもが急に倒れた場合には救急車を呼ぶか呼んでもらうかしてください。できれば周囲の人に助けを求めて救急車を呼んでもらった方がよいです。

救急車を呼んでもらっている間に呼吸と心音確認、心肺蘇生措置など時間との勝負になるものができるからです。

 

●呼吸と心音の確認

まずは子どもの呼吸と心音を確認してください。子どもの口に耳を近づけて息をしているか、胸に耳を近づけて心臓が普通通り動いているかをチェックします。

異常があれば心肺蘇生やAED、人工呼吸を行います。

 

●顔色と汗の確認

呼吸と心音には大きな異常がなかった場合、次に顔色と汗を確認します。顔が赤いか青いかで血液のまわり方がわかります。

顔色が赤く熱っぽい感じの時は枕をして顔から血液を移動させます。

一方で顔色が青い、青白いときには足に枕やクッションを敷いて顔に血液を移動させます。

冷や汗をかいているときで尚且つ手足が冷たい場合は低血糖症状が予想されるのでスポーツドリンクなどを飲ませます。

また、汗はかいていないけれど全身が熱いというときには熱中症の疑いがあるのでわきの下や首を冷やします。

 

子どもが急に倒れた時は周囲に救急車を呼んでもらい、その間に呼吸や心音を確認します。

呼吸、心音に異常がなければ顔色と汗を確認して必要な処置をし、救急車の到着を待ちましょう。

 

(Photo by: [//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/04/10/11/38/baby-102473_640.jpg?i])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

急に倒れたに関する記事

暑い夏には要注意!子供が熱中症になった場合の注意点

子供が急に倒れてしまう原因として熱中症があります。熱中症は命の危険もあるため...

運動中の危険!お子さんの部活動には要注意!

  お子さんが毎日元気で楽しく学校生活を送る中に、部活動というものがありま...

ケガ・応急処置の体験談

ハイターを!?動き出した0歳児は何するか分からない!?

先日8か月の次男がキッチンハイターを棚の奥から勝手に取り出してきて倒してひっかぶるという事件が......

1歳4カ月で初めての”ひきつけ”

1人でどこへでも歩いていけるようになって頼もしくなってきた矢先、初めてひきつけを起こしました。 ...

カラダノートひろば

急に倒れたの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る