カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. ケガ・応急処置 >
  4. 急に倒れることが多い我が子…いったい何の病気なの?

育児

急に倒れることが多い我が子…いったい何の病気なの?

子どもは大人よりも抵抗力が弱いですが、案外丈夫で強いところもあります。そのため、よく体調を崩す子やよくお腹が痛くなる子に関しては親御さんが心配してしまうことも多いのです。

 

急に倒れる子の場合はどんな原因が考えられるか見ていきます。

 

●てんかん

子どもが急に倒れる、それが何度か繰り返されるという場合は小児てんかんの可能性が非常に強いです。てんかん発症の年齢で最も多いのは0-4歳児、次に5-9歳児、10-14歳児といったようにてんかんは若くして発症する病気です。

 

急に倒れて気を失う、目線があっていない、痙攣するなどの症状がみられた場合は専門医を訪ねてみてください。てんかんは内服薬等の治療である程度回復します。

 

●失神

てんかんと似ており、痙攣や吐き気を伴うこともありますが、原因は脳の酸素不足です。

 

脳の酸素不足が起きる原因についてはまだわかっていないことが多く、疲れや空腹で脳の酸素不足を起こすお子さんもいます。また、あるきっかけ(何らかの状況を見る・体験する・恐怖するなど)で失神する子もいます。

 

急に倒れる直前の体の状態を考えて対処してください。例えば急に倒れるときにはいつも空腹と思われる時間だったらおやつを小分けにするなどです。

 

もちろん、この場合も病院での診察は必要です。

 

●その他

てんかんと失神以外にも、急に倒れる病気はあります。心臓病で何度も急に倒れる場合もありますし、まったくの原因不明ということもあります。

 

子どもが急に倒れる、それが何度もあるという場合はてんかんや失神の疑いが強いです。他には心臓病などの可能性もありますが、いずれにしても病院での正確な診断が改善には欠かせません。

(Photo by:http://pixabay.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ケガ・応急処置に関する記事

大変!子どもの喉に餅が詰ったときの対処法!

幼い子どもがお餅を食べる際、注意しなければならないことは、喉に餅が詰ってしまう...

子どもによく見られる!足首の骨端線損傷の治療とは?しっかりギプスで固定しよう

足首の怪我として、捻挫や骨折の他に骨端線損傷が考えられます。これは子どもに見ら...

ケガ・応急処置の体験談

1歳過ぎてすぐくちびるを、切ってしまいました・・・

我が家の三女、1歳過ぎてすぐに唇を切る怪我をしてしまいました・・・子供の怪我!血が多く出る箇所、焦ら...

びっくり!○○を食べていた息子!

息子が1歳くらいのとき、誤飲をしてとても焦ったことがあります。 1歳となると、自分で自由に勝手...

カラダノートひろば

ケガ・応急処置の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る