カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 胆道・胆嚢・膵臓 >
  4. 胆嚢良性腫瘍 >
  5. 判別が難しい…無症状な場合もある胆嚢良性腫瘍

気になる病気・症状

判別が難しい…無症状な場合もある胆嚢良性腫瘍

胆嚢良性腫瘍とは?

胆嚢内の腫瘍性病変のうち、悪性のものを除く腫瘍性病変のことです。ポリープも含め、胆嚢良性腫瘍と呼ばれます。

 

30~40歳代に多くみられ、腫瘍性のものと非腫瘍性のものに分けられます。

 

非腫瘍性

非腫瘍性のほとんどがコレステロールポリープと言われています。

 

コレステロールポリープとはコレステロールを食べた組織が集まったものです。単に血液中のコレステロールが、この腫瘍を作っているわけではありません。そして、胆嚢良性腫瘍は癌になる可能性はありません。

 

腫瘍性

腫瘍性のものは、良性と悪性に分けられます。良性腫瘍の発生原因はいまだ分かっていません。また、炎症性の腫瘍の場合、胆石症などの合併症を発症したり、胆嚢炎症状がある事があります。

 

腫瘍性の内、最も厄介なのが、良性か悪性かの判別が難しいことです。胃等の臓器の様に、一部の組織を取り検査し、良性か悪性かの判別をする事が出来ないからです。

 

胆嚢に腫瘍が発見された場合、腹部の超音波検査、CT、超音波内視鏡、MRI等を複合的に使って判別をしなければなりません。

 

症状

良性の腫瘍は無症状な場合が多いので、健康診断や別の病気の検査で見つかる事が多いようです。しかし、胆石や胆嚢炎などがを合併している場合、腹痛や不快感などの症状が現れます。

 

治療方法

5mm以下の腫瘍は1年毎、6~10mmの腫瘍は半年毎に超音波検査等で腫瘍の経過を観察します。

 

腫瘍が急激に大きくなったり、大きさが10mm以上の場合は摘出手術が行われる事が多い様です。10mmを超えると癌になる頻度が高くなるからです。

 

規則正しい生活と、正しい食生活が予防につながります。ストレスを溜めない生活、油分を摂り過ぎない食生活・十分な休養や睡眠を摂る生活を心掛けましょう。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: respo naokoさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胆嚢良性腫瘍に関する記事

胆嚢良性腫瘍…良性の腫瘍は悪性化する?

胆嚢良性腫瘍とは?   胆嚢にできる良性腫瘍は、胆嚢内にできる腫瘍性病変...

カラダノートひろば

胆嚢良性腫瘍の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る