カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 居宅介護 >
  4. 家族 >
  5. その他 >
  6. 慌てないで!高齢者の急変と対処法

介護・認知症

慌てないで!高齢者の急変と対処法

在宅で高齢者を介護している家族にとって、急な体調の変化は恐ろしいものです。いざという時、どのような対応をとれば良いのかをまとめました。

  

嘔吐

食事中・食後に嘔吐して意識がある状態なら、のどに食べ物がつかえたり、食中毒などが考えられます。

 

意識がもうろうとした様子で、少量の嘔吐がみられるような場合、脳血管障害の可能性もあります。呼びかけに応じない、視点が定まらないようなら救急車を呼んでください。。

 

どちらの場合も、吐いたものが気管に詰まらないように口の中に残った吐しゃ物を掻きだし、倒れているなら頭を横にしましょう。

  

吐血

吐いた食べ物に血が混ざるくらいなら、胃が荒れているのかもしれません。多量の吐血があり、血圧が低下したり意識がハッキリしないようなら、救急車を呼びましょう。

 

嘔吐と同様に、倒れているなら顔を横向きにすると楽になります。

  

意識がもうろうとしている

呼びかけても反応がハッキリせずぼんやりとした表情なら、ここ数日間の様子を思い出してください。食欲があまりなく、水分の補給も十分でないようなら、脱水症状かもしれません。暑い時期なら、熱中症も考えられます。

 

急に意識障害が起こったのなら、脳血管障害の可能性があります。いずれにしろ、できるだけ早く受診して原因を明らかにしてください。意識がもうろうとしている時は、転倒に要注意です。

  

呼吸困難

心肺機能の低下が考えられます。喘息などの持病があれば、処方されている薬を素早く飲ませてください。ゆっくり、深く呼吸をするように誘導し、様子を見て病院へ急ぎましょう。

  

苦しそうな高齢者を前にすると、気が動転してしまうかもしれません。かかりつけの病院、夜間救急の連絡先などをメモして、分かりやすい場所に貼っておくのがお勧めです。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

入浴が高齢者にもたらす嬉しい効果

高齢者の入浴にはさまざまな役割と効果があり、生活の質を高めるうえで欠かせません...

高齢者の便秘もスッキリ!乳酸菌たっぷりの食品

  善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる食品といえば、発酵食品です。 ...


高齢者のトイレをサポート! 腰掛便座の種類を知ってますか?

  腰掛便座は、高齢者の排泄の自立を助けます。 足腰が弱くなったり、トイ...

介護者の腰の負担を軽減しよう!介護する家族を腰痛から守ろう

  高齢者の介護をする家族にとって、腰痛は悩みのタネです。 痛みを我慢し...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る