カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 頭痛 >
  3. 頭痛と下痢と便秘の関係~下痢止めと頭痛薬は併用OK?併発する病とは~

頭痛

頭痛と下痢と便秘の関係~下痢止めと頭痛薬は併用OK?併発する病とは~

下痢にしても頭痛にしても薬で一時的に改善できるものならしたいという方ももちろんいます。会社に行くときに下痢になっては大変、頭痛で集中できないのは問題といったさまざまな事情があります。

 

 

下痢と頭痛が一緒に起きている場合は下痢止めと頭痛薬の併用はOKなのでしょうか。

 

●下痢止めと頭痛薬、基本はOK

下痢止めと頭痛薬の併用は基本的にはほとんどの飲み合わせで問題ないとされています。ただし、薬の添付文書を確認したうえで飲むことをおすすめします。多くの頭痛薬が販売されており、それと同時に多くの併用禁忌も生まれます。

 

ある頭痛薬では大丈夫でもある頭痛薬ではダメ、といったような併用禁忌もあるのです。基本的には多くの薬でOKですが併用禁忌の確認は欠かさないといった対応で大丈夫です。

 

●頭痛薬以外で頭痛を治す

下痢が先に起きている場合には水分不足による頭痛が考えられます。下痢で体の中の必要な水分まで出てしまったことによって頭痛が起きるのです。

 

その場合は下痢止めだけを服用して頭痛薬ではなく水で治すのがおすすめです。常温の水を少しずつ口に含むようにすると徐々に頭痛が収まる場合も多いです。

 

●症状がひどいときは病院へ

下痢にしても頭痛にしても日常生活を送るのが困難なほどであれば病院へ行って治療を受けた方が良いです。下痢止めと頭痛薬を併用し続けるよりも病院で原因を探して対応した方が根本的な解決につながることが多いです。

 

下痢と頭痛が併発している場合、基本的には多くの薬で下痢止めと頭痛薬の併用はOKです。ただし、添付文書の確認は忘れないようにしてください。

また、下痢が先に起きている場合は水分摂取で頭痛を軽くすることが可能な場合が多いです。いずれにせよ、あまりにも症状がひどいときは病院で治療を受けた方がよいです。

 

頭痛と下痢が同時に・・・そんな時どうする?

頭痛と下痢が同時に起きた時にどのような対処法を取ったらよいのか、どのように対処すれば適切なのかということを知っておきましょう。対処法を知っておけば、頭痛と下痢が頻発してもどうにか日常生活への負担を減らせます。

 

●症状から原因を予測する

まず、冷静に頭痛ついて観察することが大切です。頭痛とはいってもどのような痛みなのかを確認します。ズキズキ痛むなら片頭痛、ボワーッとした痛みなら片頭痛以外の頭痛の可能性が高いです。

 

そして、体の症状も確認必須です。熱があるかどうか、咳や鼻水は出ているかどうかなどを確認してください。

 

●熱、咳、鼻水と頭痛・下痢

熱や咳、鼻水と頭痛・下痢が混在している場合は、風邪かインフルエンザの可能性が高いです。38℃以上の熱が続いていない場合は安静にして、スポーツドリンクなどで水分を補給しながら様子を見ましょう。

 

高熱が続く場合、咳や鼻水がつらい、下痢の症状がひどいなどの場合は内科への受診をおすすめします。

 

●ズキズキした頭痛と下痢

ズキズキした頭痛と下痢が併発しており、熱などがない場合は片頭痛からくる下痢の可能性が高いです。

 

光や音の刺激を感じないように部屋を暗くしてテレビなどを消し、安静にしてください。下痢がひどいときは併用禁忌を確認したうえで、頭痛薬と併用しましょう。

 

頭痛と下痢が同時に起きているときは、自分の体を観察して症状から原因を予測します。風邪やインフルエンザの可能性があるなら、内科へ行くか安静にするかします。

 

片頭痛から下痢が来ていると予測される場合は光と音の刺激を避けたうえで内服薬の服用、安静にするなどの処置を取ります。

 

辛い・・頭痛と下痢が併発する病気

頭痛の症状は頭に出るだけではなく体のさまざまな部分に出ることもあります。下痢や腹痛など胃腸に関連する症状も少なくはありません。

頭痛と下痢が併発するタイプの病気の可能性を見ていきます。

 

●過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は頭痛よりもまず腸に症状が出る場合が多い病気です。慢性的な下痢もしくは下痢と便秘を繰り返すのが過敏性腸症候群の特徴です。

それにプラスして過敏性腸症候群の方は肩こりもちの方が多く、肩こりから緊張性頭痛を起こすこともあります。

過敏性腸症候群は精神的ストレスや自律神経系の異常によって起きます。

 

●風邪・肺炎

風邪による一時的な頭痛と下痢は多くの方が体験したことがあると思います。感染症にかかると頭痛・腹痛・下痢・咳など全身に症状が出ることも珍しくはありません。

風邪なら部屋を適温に保って水分をしっかり摂取し、しばらく安静にしていると頭痛も下痢もよくなります。

 

●片頭痛からくる下痢

頭痛の中でも片頭痛は下痢を引き起こすタイプの頭痛として知られています。片頭痛とはズキズキと痛むタイプの頭痛です。

片頭痛になると下痢の他に吐き気や食欲不振なども現れます。

緊張や疲れの他にホルモン分泌の関係なども示唆されているのですが人によって原因がさまざまで、病院で検査を受けた上で自分の日常生活を見直してみないと原因はわかりません。

 

頭痛と下痢が併発するときには過敏性腸症候群や風邪・肺炎などの可能性もありますし、片頭痛からくる下痢の可能性もあります。

片頭痛からくる下痢の場合はズキズキと頭の片側を中心に痛みがあり、下痢や食欲不振を起こしているのが特徴です。

風邪とは違って鼻水や咳などの症状はありません。

 

頭痛や便秘が酷く、だるさが取れない それって自律神経失調症?  

良く、頭痛を訴える方に、動悸や便秘などを訴える方がいます。どこがどうと言われるとどこもかしこも調子が悪い気がしてしまう。そんな心当たりのある方は自律神経失調症かもしれません。

 

自律神経失調症の症状

1. 頭痛(偏頭痛が多い)

2. 眩暈(めまい)

3. 動悸

4. ほてり

5. 便秘(または下痢)

6. 不眠

7. 微熱

8. 慢性的な疲労感やだるさ

9. 耳鳴(耳鳴り)

10. 口やのどの渇きや不快感

11. 頻尿または残尿感

12. 手足のしびれ

 

 

精神的に落ち込むことが多かったり、やる気が起こらなかったり、イライラ感や憂うつ感を感じる方も多くいらっしゃるようですが、これらはすべて自律神経失調症の症状です。

 

自律神経は体のあらゆる器官をコントロールしているため、そのバランスが崩れてしまうと、体中のあらゆるところに不調を感じるようになります。整形外科や内科で検査をしても特に悪いところがないと言われ、不定愁訴などと呼ばれ、神経科や心療内科の受診を勧められるケースが少なくありません。

 

生活のリズムが狂ったり、様々なストレスによって起こりますが、自律神経失調症は病気ではないと思い込んでいる方が多く、治療が遅れてしまうことがあります。

 

長期間放置しておくと、症状がより一層悪化してうつ病になったり、過食症や拒食症のような酷い症状が出現することもありますので、注意が必要です。特に仕事の都合上夜勤をしなければいけない方や、夜型の生活を強いられている方に多くみられるようです。

 

自分の生活スタイルを見直して、適切な治療を受けることで症状が改善することが多い病気ですし、根底にホルモンバランスの乱れや精神的な問題が隠されていることもあります。

 

日常生活に支障をきたす前に早めに治療することをお勧めします。

(Photo by:http://www.ashinari.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-26掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

頭痛に関する記事

頭痛の市販薬と病院で処方される薬にはどんな違いがある?

安息香酸ナトリウムカフェイン(アンカナ)はどんな効果なある薬なの? 安息香...

片頭痛と閃輝暗点(せんきあんてん)の関係は?目がチカチカするけど頭痛がない場合は光視症かも?

ひどい片頭痛・・・つらいですよね。その前兆としられるのが、閃輝暗点(せんきあ...


頭痛の原因となるものとは?アルコールやストレートネック、睡眠の質との関係

夜眠る前にお酒を飲んでリラックスするという方もいます。片頭痛持ちの方でもお酒...

赤ちゃんの頭痛のサインとは

赤ちゃんは言葉をしゃべることができないので親がサインに気づいてあげる必要があ...

カラダノートひろば

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る