カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. メンタル >
  3. 人格障害 >
  4. 関わる人を徹底支配?境界性人格障害の症状とは

メンタル

関わる人を徹底支配?境界性人格障害の症状とは

 

 

感情や対人関係が不安定になり、病的な人間関係を築く病気の一つが境界性人格障害です。

関わる人を徹底的に支配するとも言われる境界性人格障害の特徴を見ていきます。

 

女性、若い人に多い病気

日本の統計はありませんが精神医学では日本の一歩先を行くと言われているアメリカの統計では境界性人格障害の患者の8割は女性であることがわかりました。

男性よりも女性の方がかかりやすい人格障害で、加齢とともによくなることもわかっています。

 

境界性人格障害で対人関係が著しく不安定になり始めるのは思春期、その後青年期には対人関係や感情的な問題と向き合うことが多いのですが中年期以降は症状が落ち着く場合が多いのです。

 

見捨てられ不安と全か無か思考

境界性人格障害の症状を代表するのが見捨てられ不安、全か無か思考の2つと言われています。

境界性人格障害の人にとって見捨てられることは存在の否定であり、一度誘いを断った、メールの返信が普段よりも遅れたといった些細なことを『見捨てた』と感じてしまいます。

そして相手の注意をひきつけようと自傷行為をしたりありもしない作り話をしたりもします。

 

そして、全か無か思考というのは両極端な考え方しかできないという症状です。

人に対して『理想的な相手、すべてが完璧』か『何もかもダメな人、嫌な奴』の二択しかありません。

理想化した相手が理想通りの動きをしてくれないと自分の思い通りに相手を動かすために束縛したり命令したりもします。

 

このように、対人関係が不安定になって関わる人を支配しようとするのが境界性人格障害の特徴です。

 

どうして境界性人格障害が起きるの?

境界性人格障害に対してこれ!といったはっきりとした原因は見つかっていません。

ただ、発症までに母親との関係性の問題、思春期におけるアイデンティティ確立の失敗、コミュニケーション上の問題などがあると考えられます。

 

境界性人格障害は男性よりも女性にみられる病気で、極端な思考と見捨てられ不安が特徴的です。

見捨てられるのを防ぐため、相手の理想化を崩さないために自傷行為や虚言癖、暴力などで相手の人格を支配しようとしてしまいます。

 

(Photo by: //pixabay.com)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

人格障害に関する記事

近しい人が情緒不安定性人格障害…どんな形で付き合えばいい?

  情緒不安定性人格障害は名前の通りさまざまな情緒が不安定な状態で、境界性人格...

強迫性人格障害の人が仕事をする上でぶつかる大きな壁とは?

  仕事で完璧を求めることは悪くありませんが、人が間違いを起こさないということ...


恐ろしい行動に発展することも!妄想性障害の恋愛妄想とは

妄想性障害とは1か月以上にわたって、現実的には考えられないような妄想に行動や言...

愛情が足りない…厳格すぎる親のせい?強迫性人格障害の原因

  秩序を守ることや仕事に対して一定の強いこだわりを持つことは、その仕事をよいも...

カラダノートひろば

人格障害の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る