カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 食事・レシピ >
  5. 呼吸商に気をつけて食べよう!

生活習慣病

呼吸商に気をつけて食べよう!

 

 

COPD患者さんの40%は標準体重の80%以下、70%は標準体重の90%以下だと言われています。

その為に、体の免疫力が落ちて風邪などに罹り呼吸能力が落ちてまた免疫力が落ちる、と言った悪循環に陥ってしまいます。

 

 

呼吸商とは?

こういった悪循環を防ぐためにはしっかりと栄養を取ることが大切です。

そして食物がエネルギーとして消費されるためには酸素が必要で二酸化炭素が排出されます。 

消費された酸素に対して排出される二酸化炭素との比を呼吸商と言います。

 

COPD患者さんは二酸化炭素を排出する能力が落ちているので、二酸化炭素の排出の少ない呼吸商の低い食品を取るといいでしょう。

 

 

栄養素ごとの呼吸商

呼吸商は栄養素によって違います。

 

糖分(炭水化物):1

 

タンパク質:0.8

 

脂質:0.7

 

脂質は呼吸商が低いだけでなくグラムあたりのカロリーも高いのでCOPD患者さんは積極的に摂取するといいと言われています。 

 

 

脂肪の摂りすぎには注意 

たとえ脂肪分の多い食事が呼吸商が低くカロリーが高いとはいえ、あまりに脂質の多い高脂肪食では下痢や消化不良による食欲減退の原因になることがあります。

 

また、筋肉の衰えを防ぐためにもタンパク質の摂取は必須です。

筋肉を合成するのに必要なビタミンも摂らないといけないので、バランスよく栄養を取りながら間食に脂肪やタンパク質の多いアイスクリームやケーキを食べるといいでしょう。

 

 

まとめ

以前は何がなんでも呼吸商の低い高脂肪食が良いとされていましたが、今はバランスの良い食事にプラスして高脂肪高タンパクの食物を取り入れると良いとされています。

油の使い方や間食の摂り方に気をつけてみましょう。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/02/24-358079.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食事・レシピに関する記事

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の食事療法~効率よく栄養補給するには?

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の人は、呼吸の際に多くのエネルギーを必要とします。...

COPDの食事療法!外食でも野菜をいっぱい食べよう!

     COPD患者さんは健康な人の1.5倍のカロリーを食べ物から摂取しな...


やせ過ぎの人に足りていないことが多い?必須アミノ酸が含まれる食品と効果

病気やダイエットなどでやせ過ぎの方において十分タンパク質が摂取できておらず、...

肺の病気、COPD…食事療法をしっかり行い栄養をしっかり補給しよう

COPDは慢性閉塞性肺疾患という名の通り、肺の病気です。肺の病気からは意外に思え...

カラダノートひろば

食事・レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る