カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 心臓 >
  4. 心室中隔欠損 >
  5. 先天性の病気「心室中隔欠損症(VSD)」とはどんな病気?

気になる病気・症状

先天性の病気「心室中隔欠損症(VSD)」とはどんな病気?

心室中隔欠損症(VSD)とは・・・

 

病気には先天性と後天性があります。この病気は先天性(生まれ持った疾患)であることが最も多いです。Ventricular septal defect 略してVSDと呼ばれています。

 

どのような病気なのか・・・

心臓には心房と心室と分かれており、さらに左右分かれて4つの部屋となってます。 この病気では左右の心室と呼ばれる部分の分かれている場所にが空いてしまいます。

本来、右心室は身体全体に血液を送る機能がありますが、心室に穴が開いているため、全身に行くはずの血液が肺へ流れ込んでしまいます。

その結果、心臓、肺の負担が大きくなってしまうのです。

 

どんな症状がおこるの?

・左右どちらとも行き来できてしまうため左右によって以下の症状が出てきます。

 

 右の場合→左の血流の場合は肺高血圧症

 左の場合→右の血流の場合はチアノーゼ(酸素不足状態)                                     

・生まれ持っての疾患のため新生児に多く免疫力が少ないため肺感染症もなりやすい。

 

どうしたらわかる??

 心エコーで確認することができます。この機械は妊娠したときにお母さんのお腹の中の赤ちゃんの様子を見る機械と同じ仕組みのものです。この機械で内部を見て心室欠損(穴)がみられその際に血液が穴を通して漏れてしまっていることが確認できます。

 

どうしたら治る?

主に欠損孔(穴)が小さい場合は自然治癒に任せます。VSDの患者さんの30%~50%が自然治癒で治るようです。 

大きいものは塞がらないので手術となります。パッチと言われる薄い膜のようなものを貼り穴を塞ぎます。

 

このように出生時に疾患を持って生まれてくる赤ちゃんもいますが、決してその原因が母親にあるわけではありません。どんな病気でも同じように誰も悪くないことを忘れず、大切なお子さんを守ってあげてください。

 

(photo=//pixabay.com/static/uploads/photo/2013/04/16/08/20/baby-105065_640.jpg?i)

著者: 姫苺さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心室中隔欠損に関する記事

心室中隔欠損の手術ってどんなふうに行われるの?基本的には無輸血手術が多いです

  心室中隔欠損は先天性心疾患の中でも20%を占める病気で、1000人に3人が...

幼いころに心室中隔欠損を患ったけど、妊娠・出産への影響はあるの?

  心室中隔欠損は無症状のまま大人になっても過ごせる程度の軽度のものから、すぐ...


新生児の心室中隔欠損

心室中隔欠損をご存知ですか?出産を終え、心臓の音の異変などからこの病気を知らさ...

生後数か月での心室中隔欠損手術…子供への負担が大きいのでは?と心配なあなたへ

  心室中隔欠損は後天的になるケースよりも先天的に持って生まれてくるケースの方...

カラダノートひろば

心室中隔欠損の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る