カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. COPD >
  4. 薬物療法 >
  5. ワクチンの接種をしよう!-COPDを悪化させないために-

生活習慣病

ワクチンの接種をしよう!-COPDを悪化させないために-

 

 COPDの症状を増悪させないためには風邪やインフルエンザにかからないということが非常に重要です。

 

悪循環

感染症に感染してしまうと呼吸能力が落ちてしまいます。すると免疫力が落ちて感染しやすくなります。そしてまら風邪などに感染して呼吸能力が落ちて、といった悪循環に陥ります。

こういった悪循環を防ぐためにもインフルエンザのワクチンを必ず受けましょう。

 

ワクチンを接種したからといって100%インフルエンザを防げるわけではありません。

家族やCOPD患者さんを世話する人もワクチン接種を受けましょう。

 

ワクチンを打つタイミング

インフルエンザの流行り始める前、10月下旬から12月中旬で受けるのが望ましいとされています。

稀に副反応といって発熱や発疹などが起きる場合があるので接種後24時間は安静にして様子を見ましょう。

 

また必ずCOPDの治療を受けている旨を医師に伝えましょう。

 

ワクチン以外に気をつけること

○人ごみは避けるようにしましょう

 

○外出したら手洗いとうがいを行うようにしましょう

 

○規則的な生活をして睡眠をしっかりと取りましょう

 

○バランスよく栄養を摂りましょう

 

 

早めの対処

発熱、悪寒、ムクミ、といったCOPDにはないような症状に気づいたときは早めに病院で診察を受けましょう。

 

 

まとめ

風邪やインフルエンザに感染してしまうとCOPD患者さんの呼吸能力はガクンと落ちて元に戻らなくなります。

インフルエンザワクチンの接種は必ず忘れないように受けましょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/07/22-024704.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

薬物療法に関する記事

COPD治療に用いられる薬剤~気管支拡張剤について

COPDの薬物治療は、様々な種類がありますが、これらはCOPDの症状によって...

長い期間の喫煙が原因!COPD(慢性閉塞性肺疾患)の薬での治療とは

  「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」は長い期間の喫煙が原因になって起こることが...


ステージ別COPDのそれぞれの薬物治療法 ステージIからIVまで

COPDに対する薬物治療の目的は、最大の問題の一つである気流の制限を軽減させ...

COPDで実際に使う薬はどんなもの?

    根治させる方法が見つかっていないCOPDの治療では進行を少しでも遅ら...

カラダノートひろば

薬物療法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る