カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. アンチエイジング >
  4. その他 >
  5. 女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」のヒミツ

美容・ダイエット

女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」のヒミツ

%E5%A4%A7%E8%B1%86
 
女性ホルモンのひとつ「エストロゲン(卵胞ホルモン)」は肌に大きな影響を与えるホルモンです。
美しい肌をからだの中からつくりだすためにも、肌とエストロゲンの関係について知っておきましょう。
 

■エストロゲンが多いと肌は若々しく美しい

 
エストロゲンは、卵巣でつくりだされるホルモンですが、このエストロゲンと肌にまつわる興味深い実験があります。
 
まず、20人ほどの女性の年齢を男性に当ててもらいます。
そして、実際の年齢よりも若く見られた人の血液を調べたところ、エストロゲンの量が多いということが分かったのです。
つまり、エストロゲンが多いほど、若々しく見えるということです。
 

■エストロゲンの作用とは?

 
エストロゲンには、肌老化を引き起こす活性酸素を取り除いたり、肌の弾力を保つコラーゲンを維持したりする作用があります。
 
しかし、残念ながら、25歳ごろをピークに分泌量は低下していきます。
また、無理なダイエットや過度なストレスも、エストロゲンを減少させます
加齢による減少はともかく、生活習慣によって減少させるようなことは避けたいものです。
 
なお、エストロゲンを薬でとったりして増やすことはリスクを伴うので、婦人科治療等で必要な場合を除いてはできません。
 

■年齢に伴うエストロゲン分泌量の変化

 
エストロゲンは卵巣で分泌される妊娠・出産のためのホルモンです。
20代のころにもっとも多く分泌され、25歳ごろでピークに。
そして、30代後半から徐々に減り始め、さらに更年期になると急激に減少すると言われています。
 

■エストロゲンを高めるための食べ物

 
・豆腐や豆乳、納豆などの大豆製品
・とろろ昆布・キャベツ・りんご・ぶどう・ピーナッツなど
・ザクロ
・オリーブオイルやナッツ類、カボチャなど
・マグロの赤身やバナナ
 
(Photo by //www.ashinari.com/2012/03/07-358729.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

美容にも健康にも悪影響の「糖化」…抗糖化のためには具体的になにをすればいいの?

  近年研究が進んだことによって、肌や体の老化に「体の糖化」が関係していること...

紫外線対策を怠るのは老化の悪習慣!しみの原因に注意!

屋外で過ごすことも多くなる6月以降、紫外線対策には力を入れましょう。レジャーを楽...


老化による顔の「たるみ」はなぜおきるのか

  年を重ねると重力により顔もたるんできます。寝転がって鏡を見た時にグッと...

見た目年齢の決定には「頬」が特に大事という研究結果…頬の筋肉を鍛えるエクササイズも紹介!

最近発表された、工学院大とポーラ化成の共同研究で、「見た目年齢の決定には頬が...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る