カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 喘息 >
  5. 気管支喘息には予防治療が大切

気になる病気・症状

気管支喘息には予防治療が大切

 

気管支喘息の治療は最近になって変わってきたと言われています。気管支喘息の主な症状は発作で、その発作をいかにすばやく安全に止めるかが治療の主体となっていた時代もあります。

ですが最近では予防治療が主体となっているのです。

 

●気管支喘息の予防治療が主体となった理由

気管支喘息で予防治療が主体となった理由はやはり患者への負担が少ないからです。

いくら素早く安全に発作を止めるとは言っても発作が出てきたときの苦しさ、不快感、恐怖感は消すことは出来ません。

予防治療では発作が出る前にしっかりと治療するので発作時の苦しみなどがないというメリットがあります。大発作や重篤な発作を起こさないように予防治療が必要です。

 

●予防治療の方法は?

気管支喘息の治療で具体的にどんな予防治療が行われているかというと、まず1つはステロイド吸入薬の内服です。

ステロイド吸入薬を内服することによって気管が敏感になりすぎるのを防ぐので外部からの刺激がきても発作が起きにくくなります。

次に、アレルゲンを寄せ付けない生活です。アレルギー性の気管支喘息の方にとっては特に大切なポイントとなります。

検査の結果、アレルギーがわかったら埃やダニに気を付ける、特定の食べ物を食べないようにするなどです。

最後に、発作誘因に対処するということです。気管支喘息の患者は気候の変化や風邪などに弱い傾向があるので、発作誘因に上手に対処しなければなりません。

込み合う電車ではマスクをして感染を防ぐ、気候の急な変化に耐えられるように羽織を常に1枚持っておくなどです。

また、喫煙や受動喫煙も避けた方がよいです。

 

気管支喘息の発作を防ぐ治療法が予防治療で、現在のところ気管支喘息の治療法としてはメジャーです。

予防治療ではステロイド薬を始めとした内服薬の服用の他、アレルゲンの除去、発作誘発要因への対処などをします。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/12/24-374463.php])

 

著者: あさこすさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

喘息に関する記事

カビやダニなどが原因?咳喘息を繰り返さないための予防法

咳喘息になると、治りにくく喘息に移行する恐れもあります。また、治ったと思っても...

咳喘息の予防法~空気清浄機の効果的な使い方

咳喘息を予防するには、刺激となるホコリやダニ、カビなどを除去することが有効です...


感染症や大気汚染…近年増加している「咳喘息」の原因とは

  長引く咳の症状から考えられる病気に「咳喘息」があります。咳喘息になる原因に...

気管支拡張剤や吸入ステロイド~咳喘息の治療と薬の話~

  咳喘息と診断された場合、薬での治療が中心となるようです。どういった薬が...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る