カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. ポリープ >
  5. 腸ポリープの手術って?入院期間はどれくらい?

気になる病気・症状

腸ポリープの手術って?入院期間はどれくらい?

腸ポリープの治療で手術をすることもあります。すべての腸ポリープではなくその大きさや癌へ変化する可能性などを鑑みたうえで腸ポリープの切除手術を行うかどうかを決めます。

 

どんな切除手術が行われるのか、入院期間はどれくらいか、リスクはあるのかを見ていきます。

 

●腸ポリープの手術方法

腸ポリープの手術はポリープの切除を行う手術です。ポリープはいぼのようなものですので、根元からいぼを切るか、いぼを焼くかします。ポリープを焼くときには高周波電流というものを利用します。

 

また、腸ポリープの手術で開腹をするケースはそれほど多くはなく、内視鏡を使った手術が一般的です。開腹手術に比べると傷跡が目立たないというメリットがあります。

 

●手術のリスクは?

手術である以上、リスクがゼロというわけにはいきません。腸ポリープの手術でもある程度リスクはあります。

 

1つ目のリスクは出血で、100人に1人程度はこの出血を体験するとされています。ただし、命にかかわるような大量出血はなく、2-3日安静にしていれば治ります。

 

2つ目のリスクは穿孔といって大腸に穴が空くリスクです。腹膜を傷つけるとひどい腹痛に悩まされます。穿孔が見られた場合は腹膜や大腸などを緊急手術する必要があります。穿孔は出血よりもはるかに低い割合で起きます。

 

●入院期間は?

腸ポリープの手術の入院期間は短いのが特徴です。1泊2日での入院が多く、出血などが見られた場合でも3-4日の入院です。入院する前の日の夜からは絶食します。

 

腸ポリープの手術は内視鏡で行われるのが一般的で、腸ポリープを切除するか焼切るかします。リスクとしては1%程度の人に見られる出血のほか、まれに穿孔が見られ緊急手術という場合もあります。

 

出血などもないと仮定すれば、1泊2日の入院で手術は終了します。 

(Photo by: //pixabay.com/

著者: あさこすさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ポリープに関する記事

大腸がん予防にも繋がる!腸ポリープ予防の食事

  腸ポリープは大腸癌の発症を高める危険性もある病気です。腸ポリープをまずは防...

ただの下痢と思っていたら大間違い!実は大腸の病気かも!?

お腹の調子が悪くよく下痢をする人がいます。このように、「一時的な下痢」は細菌が...


大腸ポリープ発見!大腸に優しい食事は?~大腸ポリープ予防と術後~

大腸ポリープは自覚症状がない為、健康診断などで内視鏡の検査をして発見されるこ...

腸ポリープの原因って何?

  腸ポリープはいぼの一種です。ポリープというとなんだか特殊な病気のように聞こ...

カラダノートひろば

ポリープの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る