カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. >
  4. 原因 >
  5. 頸椎が神経を圧迫することで頸椎症に

関節痛・腰痛

頸椎が神経を圧迫することで頸椎症に

 

頸椎症とは、頸椎が神経や脊髄を圧迫刺激することで様々な障害や症状を引き起す疾患です。

本来頸椎は神経を刺激するような器官では無いのですが、加齢や外傷などの原因で変形し、神経を刺激するような形状になってしまうこともあり、それが頸椎症と呼ばれるのです。

変形する頸椎も、椎体に棘状の突起ができるものから、椎体同士がずれて、神経や脊髄を圧迫するようになるものまで色々な種類があります。

神経や脊髄への圧迫の影響は、軽度なものから日常生活に重度の支障が出る重症のものまでがあります。
できることなら、頸椎症の原因を把握し、頸椎症の予防を万全に行うことが、よりよい老後の生活につながるでしょう。

■頸椎症の原因


●頸椎の変化
1.頸椎の椎体骨
頸椎の椎体が変性し、棘状の突起が形成される骨棘が発生し、神経や脊髄を刺激することになります。

2.椎間板
椎体と椎体のクッションである椎間板が後方に突出し神経を刺激します。

3.靱帯
靱帯が石灰化、骨化してしまい神経を傷つけるリスクが生じます。

●変化の原因
1.加齢
加齢による老化現象の一環として、頸椎が変性する適齢変性が主の頸椎の変化の原因となります。
この適齢変性には個人差があり、四十代頃から変化が現れるのが一般的です。

2.外傷
加齢では無く、外傷性の損傷による頸椎の変性も可能性があります。
外傷性の頸椎の変性が起こる場合は、頸椎付近にそれなりの損傷を与える外傷を受けたことがあることが条件となります。

外傷性の頸椎症ならば、そもそもの外傷を避ける用心が対策として有効ですが、加齢による頸椎の変性は、老化現象ですので対策のしようがありません。

外傷だけで無く、頸椎への日常的な負担を軽減し、老化もアンチエイジングで進行を抑制することが、直接的で無くとも加齢による頸椎症の予防対策となるでしょう。

 

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/3906)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

首が痛いときにダメージを受ける頚椎とは?

  首が痛いと思った時、ダメージを受ける直接的な器官はもっと細かく分類できます...

首痛の原因は加齢とともに?以外に負担がかかっていた首の骨と筋肉【】

  首の骨は頸椎(けいつい)と言い、成人で6~8kgもある頭部を支えている上、...


首関節痛の2種類の原因

  首に急に痛みを感じるときには数多くの原因が考えられます。首の痛みと関連する...

猫背はNG!首の痛みの原因

  頭は脳という大切な器官があるため、循環している血液量も割合多く、それに伴い...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る