カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 健康診断・健康管理 >
  3. 救急・救命 >
  4. 心肺停止状態になった人の救命措置・・・一次救命処置(BLS)を覚えておこう!

健康診断・健康管理

心肺停止状態になった人の救命措置・・・一次救命処置(BLS)を覚えておこう!

 

 

一次救命処置とは、心肺停止状態の患者に対して最初の数分間で行うべき処置のことです。

突発的な事態によって起きた傷病者の処置には高度な医療装置や薬剤が手に入らないといったことが多々あります。

そのため、一次救命処置は基本的には医療器材を用いる必要のない処置となっています。

 

 

1、呼びかける

心肺停止患者は“3ない”状態にあります。すなわち、脈がない、呼吸をしていない、意識がないです。

 

まずは呼びかけて頬を叩いたりします。

余裕があれば呼吸や脈を見ましょう。

 

2、助けを呼ぶ

次に大声で周囲の助けを求めます。救急車も呼んでもらうように依頼しましょう。

 

3、気道の確保

口を開けて、嘔吐物などによって気道がふさがれていないかを確認し、あれば取り除きます。入れ歯があればこれも外します。

胸骨を数回強打してみると、まれに心拍が復帰することがあるので試してみましょう。

 

 

4、心臓マッサージの開始

心臓マッサージを行います。

1分間に100回、強く早く押すことが推奨されています。

 

 

5、人工呼吸を行う

心臓マッサージを30回に対して2回行います。

空気が胃に入ってしまわないように顎を上げさせて頭を反らせます。

 

みぞおちが膨らめば胃に誤入している可能性があります。

胸郭が膨らめば正しく肺に入っています。

 

 

6、AEDを使う

AED(自動体外式徐細動器)があれば使用します。ただし一歳未満の乳児には使用できません。

AEDは電源を入れたら機械の指示に従って使います。

 

 

まとめ

これらの動作を救急車が到着するまで、あるいは病院に運び込むまで市民が行います。

心肺停止状態の患者に対する応急処置はほんの数秒の遅れや中断が生存確率の悪化につながることが分かっています。

しっかりと手順を覚えて緊急事態にも焦らずに行えるようになっておきましょう。

 

 

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/01/30-013142.php)

 

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

救急・救命に関する記事

子どもや高齢者がいる場合は注意!こんな食品は窒息の危険が!

  日本において食品の窒息事故によって亡くなる人は、年間数千人にのぼります。特...

湿潤療法を失敗させないための、『正しい傷口洗浄の仕方』とは?~傷口化膿の防止策

『湿潤療法』は、消毒をせず傷口を湿らせた状態で治すという新しい治療法で、治りを...


傷の治療に『キズドライ・イソジン』は厳禁?~消毒は感染をまねく、その理由とは

傷の治療法『湿潤療法』を家庭で行う場合、洗浄が上手く行えず化膿させてしまったり...

台風の時にも使える非常グッズ・非常食は置き場所に注意!こんな場所はNG!?○○はOK!?

非常用のグッズや非常食を常に用意しているという家庭は多いかもしれません。地震や...

カラダノートひろば

救急・救命の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る