カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脳卒中 >
  4. 基礎知識 >
  5. 脳卒中の基礎知識!虚血性病変と出血性病変

生活習慣病

脳卒中の基礎知識!虚血性病変と出血性病変

脳卒中とは脳血管障害の一般的な名称です。脳血管障害は、虚血性病変と出血性病変に分けられます。

 

虚血性病変

脳の血管が詰まる事によって、その先の細胞に栄養が届かなくなって、細胞が壊死してしまいます。代表的なものとしては、脳梗塞と一過性脳虚血発作があります。

 

脳梗塞はさらに二つに分類でき、脳血管に血栓が生じて血管閉塞を起こす脳血栓、心臓や動脈の血栓が剥がれて脳血管を閉塞する脳塞栓、の2種類に分けられます。脳卒中死亡の60%以上を占めます。 

 

一過性虚血発作は発作時間が24時間未満の脳虚血を言います。脳血栓症の前兆となることが多く、一年以内(特に一ヶ月以内)に脳梗塞へ移行する確率は30%以上だと言われています。

  

出血性病変

脳の血管が破れることによって、 その先の細胞に栄養が届かなくなり、細胞が壊死してしまいます。代表的なものとしては、脳出血とクモ膜下出血があります。

 

脳出血は出血場所によって5つに分類することができます。被殻出血、視床出血、橋出血、小脳出血、皮質下出血で、出血場所によって症状が違います。脳卒中死亡の25%程です。

 

クモ膜下出血はその9割以上が脳動脈瘤破裂によって起こり、ハンマーで後頭部を殴られたような激しい痛みを伴います。 脳卒中死亡の10%強です。 

 

脳卒中になってしまったら、治療やリハビリを早急に行わなければいけません。遅れてしまうと症状が進行し回復が難しくなります。最悪の場合、再発作が起きて死に陥る可能性もあります。

 

リハビリも早期に開始して、筋肉がこわばって動かなくなったりするのを防ぎましょう。 

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: クレメンタインさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

「倒れる」だけが脳卒中じゃない!見逃してしまいやすい脳卒中のこんな症状、知ってますか?

  一言で脳卒中といっても、それはいくつかのタイプにわけることができます。脳の...

3代脳卒中「脳梗塞」「脳出血」「くも膜下出血」それぞれの脳卒中の特徴とは?

  脳卒中という言葉は正式な医学用語ではなく、正しくは、「脳血管障害」といいま...


脳卒中の基礎知識~脳卒中にかかる人ってどれくらい?

   脳卒中とは一般的な名称です。医学的に言うと脳血管障害と言います。 ...

知っておこう、クモ膜下出血についての基礎知識~症状とその治療

  クモ膜下出血と言えば“ハンマーで後頭部を殴られたような痛み”として表現...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る