カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

加齢黄斑変性の発生する原因

 

加齢黄斑変性は、別名老人性円板状黄斑変性症と呼ばれ、その名前から加齢により高齢者が患う疾患であると思われがちです。
ですが実際には加齢以外にも発生要因はいくつも存在し、止めようのない加齢以外の、いくつかの原因を抑制することで予防対策を行うことが可能となります。

■加齢黄斑変性の発生要因


●加齢黄斑変性の発生率
加齢黄斑変性が発症するのは、女性より男性の方が3倍多く、また遺伝的な要素で発症率が左右されることが分かっています。

1.加齢
加齢によって黄斑変性の発生リスクは確かに上がります。
ですが、加齢以外の要因での黄斑変性の発生リスクも忘れてはいけません。

2.喫煙
喫煙者であるかどうかが、加齢黄斑変性の発生リスクに大きな影響を与える要因であることが分かっています。

3.高血圧
滲出型加齢黄斑変性など新生血管からの出血が原因ですので、高血圧になる事でその発病リスクは跳ね上がることになります。

4.遺伝子
発生要因として原因遺伝子の関与も発症率に大きく関わっています。

5.酸化ストレス
体組織が酸化するストレスによって、黄斑変性の進行が促進されてしまいます。

加齢や遺伝子は素人にはどうしようもありませんが、喫煙や高血圧、酸化ストレスなどの発生原因は簡単な対策や禁煙などで十分対応可能です。

禁煙をし、高血圧対策を行い、酸化ストレスには抗酸化食品などで身体組織の酸化を抑制すれば、加齢や遺伝子による加齢黄斑変性の発生リスクをかなり押さえ込むことができるはずです。

逆に喫煙で高血圧、身体のあちこちが酸化してしまっているような不摂生な人こそが、老人性とは呼べないほど早期に黄斑変性を引き起してしまう結果となってしまう可能性が考えられます。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5703)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

加齢黄班変性症に関する記事

失明にも繋がる!?加齢黄斑変性の2つのタイプとその特徴

  加齢黄斑変性とは失明になるかもしれないリスクがある網膜の疾患です。 その名...

加齢黄班変性の原因は『ハイドロキシアパタイト』だった?リンの過剰摂取には要注意!

角膜が白く濁ってしまう眼の病気、帯状角膜変性症の原因は、角膜上皮の下部分へのリ...


iPS細胞の移植手術!これで病気が治る?今回の移植手術の意味

   i PS細胞を使った初の移植手術が行われました。この移植手術について、詳し...

治療は可能!加齢黄斑変性に有効な治療方法いろいろ

  加齢黄斑変性に有効な治療法がまったくないということはありません。 確かに、...

カラダノートひろば

加齢黄班変性症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る