カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 手・足 >
  4. 外反母趾 >
  5. O脚から合併する内反小指

気になる病気・症状

O脚から合併する内反小指

 

内反小指は、足の指先に集中する体重の負担が偏ることによって起こる足の変形です。
主に足に合わない靴を履くことで足先への負担が偏る結果となるのですが、場合によってはそれ以外の原因で負担が偏ることもあり得ます。
それがO脚です。

O脚は、両脚のひざとひざが離れてしまう足の変形のことで、このO脚になってしまうと、体重を支える足先の負担も不自然に偏ってしまうのです。

足の傾きに合わせるように、体重の負担は両方の小指に集中するようになってしまい、その負担の集中が、小指の変形内反小指を合併することになってしまいます。

■O脚からなる内反小指


●O脚とは
両膝が開くように離れる足の変形で、Oの字のように両脚が不自然に開いた状態となり、足先への負担も偏ってしまいます。

●小指への加重の偏り
O脚によって両脚が開いた状態で体重を支えるには、自然と両方の小指に加重が集中してしまうようになります。
小指に体重がかかり続けることで、小指の骨が変形し、どんどん足の内側へと押しやられてしまうのです。

●まずはO脚の矯正から
O脚が原因の内反小指は、原因であるO脚をまず矯正しなくてはいけません。
O脚をそのままに内反小指だけ治しても、O脚である限り小指に体重が集中し、すぐに内反小指が再発してしまいます。

●矯正のためのストレッチは内反小指にも有効
O脚を矯正するために行う足のストレッチなどは、程度の差こそあっても足先にも正しい刺激が与えられ内反小指の矯正にも効果が期待できるでしょう。

通常の内反小指なら、内反小指を矯正すれば良いのですが、このO脚に合併した内反小指は、まずは原因であるO脚を矯正しておかなければいけません。
足全体を正しい状態に矯正し、維持する事が、何よりの内反小指の予防、治療法となるのです。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/3906)

著者: ヒフミさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

外反母趾に関する記事

治療法いろいろ!外反母趾の保存療法

  外反母趾は進行しないように、日々のケアが大事です。手術でない治療を行う場合...

ハンマートゥには早めに足マッサージを

ハンマートゥを見た目が少し変形するだけの疾患だと甘く見ていると、悪化してとん...


足に合わない靴はハンマートゥを引き起こす!

  足先が丸まったように、足の指が曲がったままになってしまう状態をハンマートゥ...

靴ずれの原因は靴にはなかった!靴ずれの原因はもしかしたら自分の○○かも

   靴擦れを靴のせいにしているという人、新しい靴を買うたびに靴擦れを起こしてい...

カラダノートひろば

外反母趾の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る