カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. >
  5. 出産時に稀に見つかる内反足

育児・子供の病気

出産時に稀に見つかる内反足

 

出産したばかりの新生児の足の形が、極端に内反内転する状態である場合が稀に起こります。
これは内反足という先天性の足の変形であり、足の骨の未形成、骨の配列に異常があるために起こる疾患です。

見た目にもわかりやすく、出産直後にすぐにわかる異常であるため、すぐに治療を始めることができます。
また、形成異常の骨を矯正するにも、できる限り早く新生児の内から矯正治療を行うことが重要なのです。

そして、早期治療を始め、完治時期は状態によって異なり、かなりの長期の矯正が必要となる場合もありますが、それでも最後には治療可能な骨の変形であることは確実です。

■先天性の内反足


●先天性内反足
生まれつき足が尖足し、内反内転などの矯正が難しい足の形成異常を起こす疾患で、稀に新生児に見られます。

●原因不明
先天的な足の骨の異常の原因は未だ分かっておらず、よって予防対策も今のところありません。

●早期治療
足の変形が見た目にも明らかなので、出産直後に診断が可能で、治療は殆どの場合早期に始めることができます。

●矯正ギプス
主に矯正ギプスを幼児に取り付けることで治療を行います。
まだ身体の未熟な幼児ですので、何度もギプスを巻き替え、経過を見ながら正常な形状の足の形に矯正するのです。

生まれたばかりの子どもの足の形が変形してしまっているのは、両親にとってはショッキングなことでしょう。
内反足は治療可能ですし、それに矯正のために子どもには長期の治療期間が必要となります。
そのため、両親の方にも取り乱すこと無く、速やかに治療中の子どもを支える助けとなれるよう努力しましょう。
もちろん、その際の医者の説明フォローなども重要となります。

(Photo by: //www.photo-ac.com/main/detail/5543)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

足に関する記事

外反足の放置が治療困難に

  踵が内側に傾き、つま先が反り返る外反足は多くの場合扁平足を伴い、大人の場合は...

生まれつきの足の歪み「外反足」

  外反足とは生まれつきに足の歪みが出る疾患です。 足の踵が内側に倒れ、つま先が...

足の体験談

あかちゃんの足のしわが不揃い・・・股関節脱臼?症状と原因

目覚ましい勢いで体重が増加し始めた息子。あっという間にポチャッポチャに。 同時に足のモモ、ふくらは...

息子くんコタツ?ストーブで低温やけど。。

最近、息子くん6時過ぎには目が朝覚めます。 私が、旦那の弁当を作った後だったからよかったのです...

カラダノートひろば

足の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る